ポケモンカード強化拡張パック「スカイレジェンド」のポケモンGXをチェック

この記事は約5分で読めます。

ポケモンカードの強化拡張パック「スカイレジェンド」に収録のカードから、ポケモンGXをチェックします。

ムービースペシャルパック「名探偵ピカチュウ」と同時発売(4月26日)という、鬼のような販売スケジュールで発売されますw

スポンサーリンク

ファイヤー&サンダー&フリーザーGX

タッグチームGXなのにトリオになっちゃったよ!ついに3体が一枚になった「ファイヤー&サンダー&フリーザーGX」が登場。このパターンがアリなら、他にもあれやこれやが出そう?


  • たね
  • 無色タイプ
  • HP300
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:雷
  • 抵抗力:闘

トリニティバーン(210ダメージ):
エネルギー:炎水雷無

スカイレジェンドGX
エネルギー:無+
このポケモンとついているすべてのカードを、自分の山札にもどして切る。追加で炎水雷エネルギーが1個ずつついているなら、相手のポケモン3匹に、それぞれ110ダメージ。


これ何タイプやねん!って思われそうですが、無色タイプです。ひこうタイプなので闘抵抗の雷弱点。

ワザは鳥だけに「トリニティバーン」一つのみ。210ダメージと大抵のポケモンをワンパンできる威力ですが、炎・水・雷と3タイプのエネを要求するのが曲者。一応、同じくスカイレジェンドに収録されるビクティニとのコンボがあるようです。

GXワザ「スカイレジェンド」はファイヤー&サンダー&フリーザーGXと付いている全てのカードを山札に戻すエスケープ技。さらに追加エネを満たしていれば、相手のポケモン3匹に110ダメージずつ!

HP300を活かしてエネを貼って、できればトリニティバーンを一発、さらにスカイレジェンドGXでエスケープ、といきたいところ。

モクロー&アローラナッシーGX

あ、こういうのもアリなのね…。

てな感じの「モクロー&アローラナッシーGX」。アローラポケモンらしい、エネ無しワザを引っさげて登場。


  • たね
  • 草タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:炎
  • 抵抗力:無し

スーパーグロウ:
エネルギー:無し
自分の場の草ポケモン1匹から進化するカードを、自分の山札から1枚選び、そのポケモンにのせて進化させる。進化後が1進化なら、続けて2進化を1枚選び進化させる。そして山札を切る。

やすらぎハリケーン(150ダメージ):
エネルギー:草草無
このポケモンのHPを「30」回復する。

トロピカルアワーGX(200ダメージ)
エネルギー:草草草+
追加でエネルギーが3個ついているなら、相手の場のポケモンについているエネルギーを、すべて山札にもどして切る。。


上ワザ「スーパーグロウ」はエネ無しで、草ポケモンを一気に2進化まで進化させることが可能。何と組んでデッキを作るか?考えるのが楽しいですね。

下ワザ「やすらぎハリケーン」はやすらぐのか暴風なのかどっちなんだ。150ダメージで30回復のオマケ付き。サポート・ナタネと組むとバトル場で長く活躍できそう。

GXワザ「トロピカルアワーGX」は200ダメージに加え、エネルギーが3枚余分に付いていれば相手の場のエネを全てとっぱらうことができます。これがあれば爆速でエネ加速してくる炎タイプやウルトラビーストも怖くない?

ケルディオGX

人気ポケモン・ケルディオ。ついに「ケルディオGX」としてGX化。水タイプの主役となれるか?


  • たね
  • 水タイプ
  • HP170
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:草
  • 抵抗力:無し

特性:ホーリーハート:
このポケモンは、相手の「ポケモンGX・EX」からワザのダメージや効果を受けない。

ソニックエッジ(110ダメージ)
エネルギー:水水無
このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。

かくごのつるぎGX(50ダメージ×)
エネルギー:水水無
相手のベンチポケモンの数×50ダメージ。


フーパやアローラキュウコンのようなGXからワザを受けない効果を、ついにGX自体が搭載。特性「ホーリーハート」が働いていれば、このケルディオGXが相手のポケモンGXからワザのダメージ・効果を受けることはありません。

…が、この話には続きが。

ワザ「ソニックエッジ」は、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しないワザ。つまり、ケルディオGX同士が戦えば、両者とも相手にダメージを与えることができます。ちなみにムービースペシャルパック収録のゲッコウガGX「かすみぎり」も、ケルディオGXにダメージを与えることができます。

GXワザ「かくごのつるぎGX」は、相手ベンチポケモン×50ダメージということでマックス250ダメージ。いざという時の逆転につながる可能性を持ちます。

アーゴヨンGX

超タイプで出ていたアーゴヨンGXが、ドラゴンタイプで再登場。


  • 1進化
  • ドラゴンタイプ
  • HP210
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

特性:ウルトラへんかん:
自分の番に1回使える。自分の手札にある「ウルトラビースト」を1枚トラッシュする。その後、山札を3枚引く。

ベノムシュート
エネルギー:超無無無
このポケモンについているエネルギーを2個トラッシュし、相手のポケモン1匹に170ダメージ。

インジェクションGX
エネルギー:雷エネ一つ
相手のトラッシュにある好きなカードを1枚、相手に見せてから、ウラにして相手のサイドとして置く。


なかなか変則的な性能を持つウルトラビースト・アーゴヨンGX。特性「ウルトラへんかん」はトラッシュ対象がウルトラビースト限定ですが、1進化で3枚ドローできるのは強い性能。

ワザ「ベノムシュート」はトリプル加速エネルギー対応で、相手の場のポケモンに170ダメージ。というわけでHP170以下のGX、例えばカプ・テテフGXやデデンネGXは、場に出した瞬間にアーゴヨンGXのターゲットになることを覚悟する必要が。

GXワザ「インジェクションGX」はデンジュモクGXのような、相手のサイドを増やすワザ。雷エネを要求するのは、やや扱いにくいところか。

まとめ

以上、ポケモンカード強化拡張パック「スカイレジェンド」から、ポケモンGXのご紹介でした。

なかなかおもしろポケモンGXが収録されているのではないでしょうか。GXからワザのダメージ・効果を受けないケルディオGXが流行るようならば、GX主体のデッキは対応策が必要ですね。

ファイヤー&サンダー&フリーザーGXもエネがサクサクッと付けば、非常に厄介な相手。無色タイプのデッキが増えるならば、特性「ひかりのおわり」を持つネクロズマGXを引っ張り出してくるか…?

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました