GXスタートデッキと迅雷スパークで60枚デッキを作ってみる

この記事は約4分で読めます。

GXポケモン1枚封入確定、ほぼワンコイン、60枚デッキ構築済みというGXスタートデッキ。なかなか評判がいいようですね。

そんなGXスタートデッキ、拡張パックと組み合わせたら、どんな60枚デッキが組み上がるのか?

というわけで、雷タイプを強化する強化拡張パック「迅雷スパーク」と、GXスタートデッキの中から「GXスタートデッキ ライチュウ」をチョイス。

迅雷スパーク1BOX、GXスタートデッキ ライチュウを1つを合体。雷タイプのデッキ案を作ってみました。

※脳内構築です。
※強化拡張パック「迅雷スパーク」はランダム封入です。以下でご紹介するゼラオラGXやサンダーマウンテンプリズムスターは、1BOX購入しても出ない場合があります。ご注意ください。

スポンサーリンク

デッキレシピ

  • GXスタートデッキ ライチュウ×1
  • 強化拡張パック「迅雷スパーク」×1BOX(30パック)

以上のカードのみで作った、雷タイプのデッキレシピです。当然レギュレーションはSMレギュになります。

カード名 種類 枚数
ゼラオラGX 1
ライチュウGX 1
ピカチュウ 2
マッギョ 1
ライコウ 1
シママ 2
ゼブライカ 1
カプ・コケコ 1
イワーク 1
ツボツボ 2
かんこうきゃく サポート 4
リーリエ サポート 2
マーマネ サポート 2
デンジ サポート 2
ジャッジマン サポート 2
ハウ サポート 2
ハイパーボール グッズ 4
ネストボール グッズ 2
カスタムキャッチャー グッズ 3
エレキパワー グッズ 2
カウンターゲイン グッズ 2
こだわりハチマキ グッズ 2
ポケモンいれかえ グッズ 2
エネルギーつけかえ グッズ 1
ポケモンキャッチャー グッズ 1
サンダーマウンテンPS スタジアム 1
基本雷エネルギー エネルギー 11
ダブル無色エネルギー エネルギー 2

以上の60枚です。前項の注意にも書きましたが、迅雷スパーク収録のカードは、BOXにより枚数が異なりますので、必ずしもこの表の通りにならない可能性があります。

デッキ解説

えー、マッシブーンGXなぞいない!という前提のデッキです(笑)。本当は超タイプでも混ぜときたいんですが、超タイプのポケモンが収録されていないので。

ポケモン

ポケモンはイワークとツボツボ以外は、全て雷タイプ。イワークは闘弱点持ちに対するワンチャン要員として、ツボツボはフルボルテージGXのエネルギー準備用として。

戦い方としては、やはりメインのゼラオラGX・ライチュウGXを育てていく、という方向。

ゼラオラGXは「プラズマフィスト」で、ライチュウGXは「かみなり」で、それぞれ160ダメージを出し、かつこだわりハチマキやエレキパワーとの併用で190ダメージ以上が期待できます。

ゼラオラGXがワンパンされない相手ならば、ツボツボなどでエネをトラッシュに落とし、ピカチュウやイワーク、カプ・コケコにフルボルテージGXでエネを付けていきます。

ゼラオラGXがワンパンされそうな相手ならば、ライコウでエネ加速したり、イワーク、マッギョを壁にして後続育成。

カウンターゲインがあるので、雷エネが2つ付けば、ゼラオラGX・ライチュウGXとも、160ダメージ以上を打てる可能性が出ます。

トレーナーズ

かんこうきゃく×4というのは本当は厳しいんですが、他に枚数を入れられるサポがいないので。リーリエの枚数を増やしたいところですが。

フルボルテージGXを使いたいので、エネルギーはかんこうきゃく・マーマネ・ハイパーボールなどで積極的にトラッシュへ送ります。

カスタムキャッチャーはグズマが無い代わりに。ただ手札に都合よく3枚来る可能性は低いので、状況によっては山札をガンガン引いていきましょう。ポケモンキャッチャーも同様の理由で一枚採用。

逃げエネがゼロになる特性「じんらいゾーン」があるのにポケモンいれかえを2枚入れているのは、プラズマフィストを連打できるようにするためです。

唯一のスタジアム・サンダーマウンテンPSは、雷ポケモンのワザエネを、雷エネひとつ分減らしてくれる素晴らしいカード。これとカウンターゲインを組み合わせることにより、ゼラオラGX・ライチュウGX・カプコケコがエネ1つで大ダメージを出せることに。大事に使いましょう。

まとめ

というわけで、GXスタートデッキ ライチュウと迅雷スパークを組み合わせてつくる60枚デッキ、でした。

実際にこのデッキでポケモンカードジムに臨むには、少し厳しいとは思います。ですがこんな感じで構築を繰り返すことで、デッキ構築のコツをつかんでいけるのではないでしょうか。

次回はゼルネアスデッキとフェアリーライズで…!(気が向けば)

コメント