ポケモンカード強化拡張パック「ドラゴンストーム」をチェック【ノーマルポケモン編】

この記事は約7分で読めます。

ポケモンカードの強化拡張パック「ドラゴンストーム」から、ノーマルポケモンをチェックします。

ドラゴン・炎・水タイプの3種を強化するという触れ込みの「ドラゴンストーム」。強化するタイプを絞った珍しい形式ですが、どのようなノーマルポケモンが収録されるのか?

スポンサーリンク

チルタリス

1進化のドラゴンタイプ「チルタリス」。HP80でワザは「つきさす」20ダメージのみ。ですがドラゴンタイプの火力をアップさせる特性「たたかいのうた」を搭載。BWの時と同じ強力な特性をひっさげての登場です。

「たたかいのうた」は、チルタリスがいるだけで自分のドラゴンポケモンのワザダメージを「20」アップさせる特性。つまりマックス4体並ぶと80ダメージ分、ワザの威力がアップします。

同じ様な特性は草タイプのラランテスも持っていますが、こちらは逃げエネが1なのが嬉しいところ。ドラゴンタイプを強力にサポートするポケモンです。しかしチルタリス、レアリティはRか…。

クリムガン

ドラゴンタイプの特攻隊長・クリムガン。おなじみの特性「さめはだ」を搭載してのSM初登場ですが、のせるダメカンは3個と大盤振る舞い。攻撃を躊躇させる能力です。

ワザ「ドラゴンクロー」は炎水無で100ダメージとエネ的にもダメージ的にもちょっと残念な感じですが、グッズ「竜の鉤爪」と組み合わせて壁役に。

フライゴン

毎回おもしろい特性を持って登場するドラゴンタイプ・2進化のフライゴン。今回の特性は「りゅうのまもり」。自分のドラゴンポケモン全員は、相手ポケモンが使うワザの効果を受けません。

例えばワザの効果でどくやマヒになったり、エネをトラッシュしたり、ダメカンがのったり、ということが全て防げることに。

良い特性なんですが、ワザ「すなじごく」はイマイチ。2進化を立てる苦労をしてまで使うことはないかなぁ…。フライゴンGXの前フリ?

ちなみにフライゴンのベースとなる闘タイプ・ナックラーは、闘エネ一つで20ダメージ、自分のベンチ全員にも10ダメージの「ミニじしん」を持ちます。これ使ってなんかおもしろいことできないかな…。

リザードン

名古屋大会で発表された炎タイプ・2進化のリザードン。特性「かくごのほのお」は、相手の場のポケモンGX・EX1匹につきダメージが+30される、という強力なもの。

仮に相手の場にポケモンGX・EXが3体いれば、ワザ「ファイヤーブラスト」のダメージは220に。マニューラのようにアンチGX・EX的な性能を持つリザードンですが、さて、流行るかな…?

ヌオー

1進化・水タイプのヌオー。ヌオーと言えば拡張パックに入ってもタンスの肥やしになるポケモンの筆頭でしたが、ドラゴンフォースのヌオーは一味違う。

特性「おしながす」は、自分の番に何回でも使える特性。ベンチポケモンについている水エネルギーをバトルポケモンに付け替えることができます。「みずエネルギー」という指定があるので、ダブルドラゴンエネルギーやカウンターエネルギー(条件による)などもOK。

付け替える対象はあくまでもバトルポケモンですが、ピーピーマックスやアクアパッチでベンチに付けた水エネを、一気にバトルポケモンに付けることが可能。ということはつまり…2ターン目でヨワシGXがGXワザを打てる可能性が高まるということだ!(笑)

ワザ「ハイドロポンプ」も意外に優秀。水エネが3つ付いてれば120ダメージ出るので、水デッキのフィニッシャーになれる可能性も。ついにヌオーが活躍する日が来た?

エンニュート

収録されるの何回目だw。炎タイプの1進化・エンニュート。上ワザ「フレイムサークル」は炎エネ一つで20ダメージ+やけど+にげられない。下ワザ「かえんほうしゃ」は炎無の2エネで80ダメージ、エンニュートに付いているエネを一つトラッシュ。

…地味に強くない?新スタジアム「ヴェラ火山」と組み合わせればやけどの効果も持続するし、相手を逃げられなくしてからの80ダメージは結構きついのでは。意外とおもしろいポケモン。

ヒヒダルマ

炎タイプの1進化・ヒヒダルマ。XYでは登場しなかったダルマッカ・ヒヒダルマがSMで復活。上ワザ「ヒートアシスト」は、炎エネ一つで手札の炎エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに好きなように付けるエネ加速ワザ。サポート「おじょうさま」と組み合わせて。

下ワザ「だるまれんだん」は炎炎無で30ダメージにプラス、コイン4回のオモテ✕50ダメージ追加。期待値は130ダメージというところ。ヒヒダルマのワザって、なんでコイントスが多いんだろう(笑)。

ギャラドス

水タイプ・1進化・HP160のギャラドス。特性「おおあれ」は、バトル場でギャラドスがワザのダメージを受けた時に、「自分の」ベンチポケモン全員にダメカンを2個のせるという、めずらしい特性。「ぎゃくしゅう」ギャラドスの強化?はたまた「げきりん」やホワイトキュレムGXの打点アップに?

ワザ「ワイルドテール」は水水無で160ダメージに加え、のぞむならスタジアムトラッシュの大技。

ラプラス

水タイプ・たねのラプラス。上ワザ「アクアバレット」は、水エネ一つでバトル場とベンチ1匹にそれぞれ20ダメージ。下ワザ「ハイドロポンプ」は無無無で70ダメージにプラス、ラプラスに付いている水エネルギーの数✕10ダメージを追加。

エネ一つで前と後ろに20ダメージを与えられるのはなかなか。「ハイドロポンプ」はヌオーの方が強いかな。序盤の壁役として。

ヨワシ

自分の「ヨワシGX」のHPを20大きくし、相手バトルポケモンへのダメージを20プラスする特性「げんちしゅうごう」を持つヨワシ。「ドラゴンストーム」にヨワシGXが収録されていないにもかかわらず、それを強化するカードというのは新しい。

ちなみにヨワシが4体並ぶと、ヨワシGXはHP290、ワザダメージがプラス80されることに。こいつは強いぜ!と思いきや、マッシブーンGXの餌食となるのであった…。

キュレム

ドラゴンタイプでの登場はBWのプロモ以来、というキュレム。のっているダメカンの数✕10ダメージを追加するワザ「げきりん」をもちろん搭載しています。

下ワザ「フロストスピア」は水水無で100ダメージ、ベンチ1匹にも20ダメージですが、ドラゴンタイプなのでアクアパッチが使えず、エネがやや重めか。

バクガメス

エンニュートと同じく登場頻度の高いバクガメスですが、今回はドラゴンタイプで登場。ワザは炎炎炎の「ばくふんしゃ」一つだけ。自分の場のポケモンについている炎エネルギーを好きなだけトラッシュし、その枚数✕50ダメージという大技。

ドラゴンタイプなので鍛冶屋でエネを付けることができません。ヒヒダルマでバクガメス加速、バクガメスでばくふんしゃ、ビクティニPSで炎エネ全部戻す…。そんなに上手くいかんか(笑)。

ジジーロン

ドラゴンタイプのジジーロン。ドラゴンタイプでありながら、上ワザ「りゅうのちえ」下ワザ「ハイパーボイス」ともエネ色を選ばないのが強み。

特に「りゅうのちえ」は、エネ一つで20ダメージにプラス、トラッシュの基本エネ一枚をドラゴンポケモンに付けるエネ加速ワザ。後続の育成に役立つでしょう。

ジャラランガ

ドラゴンタイプ・2進化・HP160のジャラランガ。下ワザ「いかりのアッパーカット」がユニーク。闘無無で基本90ダメージですが、ジャラランガにダメカンが8個以上のっていればプラス120ダメージ、合計210ダメージとゾロアークGXクラスもワンパン圏内に。不用意に攻撃することがためらわれるポケモンです。

総評

3/30に全カードリストが公開されましたので、それを受けて感想など。

環境を変えるほど大きな性能を持ったノーマルポケモンはいない感じ。水タイプを強化するヌオーが、どこまで活躍するか?が気になります。

あとは一気に数が増えたドラゴンタイプ。弱点を突くことはできませんが、どれもユニークな性能を持っています。ジジーロンで加速からのジャラランガとか普通にデッキ組めそう。

また、ダメカンを自陣にのせたり、ダメカンがのることで打点がアップするポケモンを、意識的に増やしている感じ。個人的にそういうトリッキーな仕組みは好きなのですが、高火力時代に果たしてそれがどこまで通用するのか?要注目です。

コメント