【漫画さっくりレビュー】「ここは今から倫理です。」1巻

この記事は約2分で読めます。

別に知らなくてもいいけれど、学ばなくても将来困ることは無いけれど、知っておくと「よりよい生き方」に繋がるかもしれない。そんな倫理学の言葉を伝える、一人の教師の物語

雨瀬シオリ氏の漫画「ここは今から倫理です。」1巻のさっくりレビュー。

1分で読めるあらすじ

  1. 物語の中心となるのは、男女共学の高校で倫理学を受け持つ教師・高柳
  2. 基本、一話完結形式の各話で主体となるのは、選択式である倫理学を受講する高校生たち。
  3. 生徒たちは、男女関係、いじめ、趣味、家族との生活など、様々な事柄について悩み・問題を抱えている
  4. そんな生徒たちが持つ諸問題に、教師という立場から触れていく高柳。先人が遺した倫理学の教え・言葉を持って、アドバイスをしていく。
  5. ラストのセリフは「ではまた 倫理の時間に会いましょう」

「ここは今から倫理です。」1巻・レビュー

「教師が主役の学園漫画」と言えば、5教科を受け持つ担任教師や、保健室の先生(養護教諭)が主体となる作品がよくあるパターンだが、選択形式の副教科である「倫理学教師」をメインに据えているのが、漫画「ここは今から倫理です。」の特異なところ。

無表情で感情を表に表さない、ともすれば無気力ともとらえられそうな、クールな倫理学教師・高柳。第一話冒頭、教室でエッチな行為をしている生徒を見つけても、「真剣なお付き合いなら結構」と眉一つ動かさない。

それが彼のスタイルと言えばスタイルなんだけれども、じゃあ生徒に関心が無い、教育にも情熱が無い、かというと、そうじゃない。むしろ「逆」

悩みを抱えていそうな生徒のことを気にかけ、時にアドバイスを送り、そして困った時には真っ先に駆けつける。その瞬間に、彼が見せる非常に人間らしい所作に、グワシッ!と心を掴まれてしまう

この高柳に対する「ギャップ萌え」が、「ここは今から倫理です。」の醍醐味。そしてそこから畳み掛けるように発せられる、インテリジェンスあふれる倫理学の名言が、何ともカッコいい!これまでの「教師マンガ」とは異なる読後感を味わえる、ユニークな漫画。オススメである。

オススメ電子書籍ストア

Kindle以外の電子書籍ストアも、使ってみるとお得で便利!チェックしてみてください。

ブックライブ(BookLive!)
  • 新規登録は50%OFFクーポンがもらえる!
  • 日替わりクーポン「クーポンガチャ」がお得!
  • サイトが使いやすい!電子書籍が読みやすい!
DMMブックス
  • DMMブックス独自のセールを随時開催
  • PayPayによるポイント還元がお得!
  • 他ストアには無い独自の漫画コンテンツ有り
ebookjapan
  • 初回ログインで50%OFFクーポンがもらえる!
  • 他のストアとは異なる値引き・ポイント還元あり
  • 大人向けコンテンツが充実!
それどんな漫画?
コータ_をフォローする
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました