【感想】「おおきく振りかぶって」1巻-球児たちの未来に感じるワクワク感。

この記事は約1分で読めます。

ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」第一巻の感想です。このエントリーを書いている時点で24巻まで出ています。

スポンサーリンク

あらすじ

とある高校の野球部に入部希望で集まる新入生達。腕に覚えのある球児たちの中、一人入部の踏ん切りが付かないピッチャー・三橋(みはし)。彼は中学時代、祖父の経営する学校でヒイキを受け、そのために他の部員から総スカンを食っていたというトラウマが-。

感想

魔球も投げない、超高校級球児もいない、オーソドックスな高校野球漫画。しかしこの「おおふり」の魅力はフレッシュな若者達の心と心の通いあい、そして確かな理論に基づいた野球描写。

実は地味にすごい魅力を持つ三橋の投球、キャッチャー・阿部の仲間に対する熱い思い、男勝りの指導力・人心掌握術で皆の心を一つにする女性監督・百枝、教師・志賀のスポーツや心理の知識、そして元のチームメイトに対してトラウマと強い負い目を感じている三橋を盛りたてるチームメイト達。若者たちの野球にかけるきらめくような情熱、そして野球というスポーツの面白さがてんこ盛りです。

本書後半、初の練習試合として三橋の出身校である三星と対戦します。その試合の中、時々で選手たちが何を考えて動いているか、そして監督は何を目指しているかなど、一つ一つの野球描写がとても丁寧に描かれます。野球の素人にとてもわかりやすく、「あ、これなら主人公たち、いけそうかも…!」なんていう期待を抱かせてくれます。読者の気持ちの盛り上げ方がとてもうまい!

三橋をエースとして育て上げるために何としても勝ちたい阿部たち。元チームメイトに複雑な思いを抱きつつそれに答えようとする三橋。そして意外にも三橋の力を認める相手ピッチャー。それぞれの思惑がからみつつ粛々と展開される試合から目が離せません。

コメント