【ポケカ】デッキレシピ:オラのライチュウ(ライチュウGX+ゼラオラGX)

この記事は約4分で読めます。

強化拡張パック「迅雷スパーク」でゼラオラGXが出たのと、GXスタートデッキでライチュウGXを買ったのをきっかけに、組んでみました雷タイプのデッキ。

ゼラオラGX+ライチュウGXということで、「オラのライチュウ」デッキです。

めっちゃ強い、というわけではないのですが、回していておもしろかったので記念に。

スポンサーリンク

デッキレシピ

60枚デッキの構成は下記の通り。SMレギュです。

カード名 枚数
ポケモン カプ・コケコ(かいてんひこう) 3
ライコウ 2
ピカチュウ 3
ライチュウGX 3
ゼラオラGX 1
パチリス(オーバーショート) 1
サポート リーリエ 4
かんこうきゃく 3
シロナ 2
ジャッジマン 2
グズマ 2
グッズ ハイパーボール 4
ネストボール 1
エレキパワー 3
カウンターゲイン 2
ダートじてんしゃ 3
フィールドブロアー 1
ともだちてちょう 1
学習装置 1
レスキュータンカ 1
改造ハンマー 2
スタジアム サンダーマウンテンプリズムスター 1
エーテルパラダイス保護区 1
エネルギー 基本雷エネルギー 11
ダブル無色エネルギー 2
ライチュウGXはシングルで買ったのを1枚足しました。

デッキの回し方

ゼラオラGX・ライチュウGXともに、160ダメージを出せるワザを持っています。事前にライコウやカプ・コケコで与えたダメージや、エレキパワーをそれにかぶせて、HP180~190族を倒していくというプラン。

理想はライコウスタートで、30ダメージを与えつつ、後ろのピカチュウにエネを貼って行きます。

カプ・コケコ×3、ライコウ×2という構成は、実はそんなに意味がありません。ただ単に筆者がライコウを2枚しか持っていないからです(笑)。

初手でカプ・コケコが来れば、ライコウとスイッチ。持っている人は単純にライコウ×4でOK。

ピカチュウはSMでいくつか種類が出ています。本当はプロモのHP70+でんじはのピカチュウがいいのですが、持ってない方は適当に。「超次元の暴獣」収録のピカドローが、山札1枚引けて便利。

前のライコウがやられたら、育てていたライチュウGXで「かみなり」160ダメージ。エネが貯まっていない場合は、カウンターゲインまたはサンダーマウンテンPSでサポート。

雷エネが場に貯まってきたら、上のワザ「パワフルスパーク」でも結構なダメージが出ます。エレキパワーと組み合わせると、相手が予想しない大ダメージが。ワンパンできない相手は、ボルテールGXで120ダメージを与えつつ、マヒにします。

ゼラオラGXは、基本的に迅雷ゾーン用ですね(笑)。フルボルテージGXを撃つ機会はそんなにないと思いますが、必要に応じてプラズマフィストを。

意外な活躍をするのがパチリス。相手にポケモンのどうぐが付いていれば、雷エネ一つで、ポケモンのどうぐトラッシュ+60ダメージ+確定マヒの3コンボ。相手の動きを止めることができる、有能なヤツです。

それにしてもサポート「かんこうきゃく」は有能ですね。終盤に使うと、いらないカードをどんどんトラッシュできるので、山札圧縮に役立ちます。

サイドボード

進化時に相手をマヒにする特性「エボルショック」を持つライチュウを混ぜてもおもしろいな、と感じました。

ワザ「ボルテッカー」は雷雷無で少し重ためなのですが、サンダーマウンテンPSやカウンターゲインの登場で、ワザの使用が現実的に。

あとサポート・デンジは1枚入れておいても良かったですね。ボールやエレキパワーなど、任意のグッズを山札から持ってこれるのは強いです。

まとめ

以上、ゼラオラGX+ライチュウGXの雷デッキ「オラのライチュウ」でした。回していておもしろみを感じるデッキです。

闘タイプにはやはり弱いところがありますが、ストロングエネルギーが落ちたあとのスタンダードレギュではワンチャンあるかも?

コメント