マンガ盛

漫画の感想、おすすめのおもしろい漫画紹介など。単行本派です。

【感想】「その娘、武蔵」1巻-躍動感あふれる身長182cmに期待大。

      2016/01/20

田中相「その娘、武蔵」(1)

田中相「その娘、武蔵」1巻の感想です。本エントリー更新時、講談社の「新・想像系コミック誌 ITAN」にて連載中です。田中相さんは「地上はポケットの中の庭」「千年万年りんごの子」を描かれた作家さん。この「その娘、武蔵」1巻の表紙、バレーボール片手におにぎりをかぶりつく主人公の姿が迫力あります。

あらすじ

体重6,000gで産まれた女の子は武蔵と名付けられ、その後エース選手として中学女子バレーを極める。しかしその優勝インタビューで、体罰でバレー部が無くなった高校への進学を宣言。バレーボールとの決別を選択する。そして晴れて高校へ入学した武蔵は気ままな生活を楽しむつもりだったが、同好会となったバレー部の3年生・律に目を付けられることに。「あなたの一年を私にちょうだい」律に迫られる武蔵は、バレー部への入部を賭けて彼女と勝負をすることに-!

感想

田中氏の独特な線で描かれるスポーツマンガ、しかも題材がバレーボールとのことでどんな雰囲気になるか楽しみにしていましたが、予想を上回るおもしろさでした。元気な武蔵を追いかけているうちに、ストーリーにぐいぐい引きこまれていきます。

身長182cmの元気少女である主人公・兼子武蔵はじめ、武蔵の家族、同級生のるな、そして3年生・律と双子の兄弟である史など、キャラクターも魅力的。皆いきいきと表情豊かで、読んでいるうちにおもわず自分も登場人物と同じような顔をしてしまいます。

本巻は武蔵が高校へ入学し、そして律との勝負、そしてその顛末までが描かれます。一度はレールから外れた主人公が再びバレーとの接点を見つけるのかどうか。スポーツものの始まりとしては王道とも言える展開ですが、田中氏の柔らかな線、そしてのびのびとした躍動感のあるキャラクターの動きがなんとも新鮮で引きこまれます。

本作の魅力はやはりなんといっても主人公・武蔵。身長182cm、元気の塊とも言える彼女が今後いかに跳躍するのか、そして部活・バレーに対する思いがどのように変化していくのか。これからの展開から目の離せない、注目の一作です。

 - スポーツ, 青春

広告1

広告1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【感想】「おおきく振りかぶって」1巻-球児たちの未来に感じるワクワク感。

ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」第一巻の感想です。このエントリーを書いている時 …

恋は雨上がりのように 2巻
【感想】「恋は雨上がりのように」2巻ーあきらと店長の関係に変化が…?

冴えないファミレス店長と、彼に恋する女子高生を描いた恋愛漫画、眉月じゅん「恋は雨 …

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」より
【感想】「恋は雨上がりのように」1巻-冴えない中年男に惚れた女子高生の恋の行方。

小学館「月刊!スピリッツ」連載、眉月じゅん「恋は雨上がりのように」の第一巻を読み …

押見修造「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」ー未成熟な高校生たちのふれあいを描いた名作

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読みました。「惡の華」「ぼくは麻理のなか」 …

ヤマシタトモコ「運命の女の子」
【感想】「運命の女の子」ーバラエティに富んだオムニバス3編

ヤマシタトモコ氏のオムニバス作品集「運命の女の子」を読みました。サイコ・サスペン …

聲の形
【感想】「聲の形」1巻-かつていじめた相手との再会。

大今良時氏の「聲の形(こえのかたち)」第一巻の感想です。2013年11月に単行本 …