【感想】「恋は雨上がりのように」3巻ー友人との友情がせつなくも爽やか

この記事は約1分で読めます。

店長に対するあきらの変わらない想い。店長とあきらの距離は縮まっていくのか?眉月じゅん「恋は雨上がりのように」第3巻の感想です。

スポンサーリンク

あらすじ

ハムスターの世話をするために、店長の息子と店長のアパートに上がり込んでしまうあきら。成り行きで押し入れに隠れたあきらは帰ってきた店長の前へ出るに出られず、やがて限界が…。

感想

少しずつ、店長との距離を縮めようとするあきら。そんなあきらの気持ちを知りながら半信半疑の店長も、あきらの存在が自分の周りを変えていっていることに気づく。

そして少しずつ、店長の私生活があきらかに。どうやら文学を志しているよう。それをきっかけに店長にアプローチをするあきらだが、ややこじれてしまう結果に。

高校生と中年ファミレス店長の間のギャップがややもすると埋まりそうなところに、文学に対する店長の心のわだかまりも相まって、そう簡単には展開しないじれったい展開が、禁断の恋(?)に対する読者の期待を煽ります。やきもきしますね(笑)。

そしてあきらかに店長世代の筆者。ひょんなことから見える「あきらの若さ」から、我が身の立場を省みる店長に、何だか切ないものを感じる…。でも「いつまでも若い」と思い続けるよりも、自分をちゃんとわかっている店長はある意味潔い、とも思うのです(何の話だ)。

今巻では恋愛以外にも陸上を続けている友人・はるかとの心あたたまるエピソードも描かれます。はるかのあきらに向けたメッセージ、高校生らしい爽やかさがあってとても良い!。あきらが陸上を挫折した、というのがこの物語の原点なので、ファミレス以外の学生らしい描写ももっと楽しみたいですね。

というわけで大人気の「恋は雨上がりのように」第3巻。ラストはちょっと気になる終わり方。次巻が楽しみです。

コメント