GXスタートバトル行ってきたよ。素朴なおもしろさがあって新鮮!

この記事は約4分で読めます。

ポケモンカードジムに参加するために、なじみのカードショップに行ってきました。

が、誰も来ない…(泣)

実は同時刻に開催される「ポケモンカード GXスタートバトル」に、みな参加していたのでした。

というわけで急遽、予定変更。お店でGXスタートデッキを購入し、GXスタートバトルに初参加。握ったのは…

ライチュウ、キミにきめた!「GXスタートデッキ 雷ライチュウ」で参戦。

「迅雷スパーク」で雷タイプが強化され、「ライチュウGXってワンチャンあるんじゃね?」と思い、カードを集めようとしていたところでした。

以下GXスタートバトルと、ライチュウGXデッキの感想など。

スポンサーリンク

GXスタートバトルの感想

さて、お店でデッキを購入し、そのまま参加したGXスタートバトル。ライチュウGXデッキにどんなカードが入っているかうろ覚え、ノースリでバトル開始。

デッキシールド無しでプレイしたのなんて、もう数年ぶり。ポケカを始めた頃以来ですね。

と思いきや、お相手もノースリ。周りを見渡すと結構スリーブ無しの方が多かったです。

ただカードショップのバトルと言うこともあり、皆さん「腕に覚えのある方」のようでしたね(笑)。

カードを傷めないようにシャッフルして、バトル開始。場に出たポケモンにエネを貼っていき、進化系を育てていきます。

エネ多め、ポケモン多め、サポ少なめ、ボール系グッズそこそこのGXスタートデッキ。山札を引いても引いてもエネが来ます(笑)。

まあ、この辺は運です。バランスよくカードを引いて、上手に火力の出るポケモンを育てられるか、が勝利のカギ。

それにしても、自分で作ったデッキとのスピード感の違い。自分も相手も、非常にスローリーなーデッキ回し。

これがなんだか新鮮でおもしろい!またポケモンにペタペタとエネを貼っていると、「ポケモンを育てている感」があっていいですね。デッキに愛着が湧いてきます。

そしてGXスタートバトルの結果は、2勝1敗とまずまずの成績。優勝したからといって景品があるわけではないのですが、なんだか嬉しいですね。

感想としては、とてもおもしろかったです。またポケモンカードの基本に立ち直ったような気がして、とてもフレッシュな気持ちになりました。これは初心者・上級者問わず、経験して欲しいバトルです。

GXスタートバトルの戦い方

戦い方、ってほどではないのですが、気づいたこと。

最初にたねポケモンが場にでるわけですが、サポートが少ないこともあり、後続を育てることが難しい場合があります。

そんな時は、バトル場に出ているポケモンにとにかくエネを張って、攻撃していきましょう。

タイミングよく後続が出れば、バトル場を壁にしてポケモンを育てるもよし、ポケモンいれかえで入れ替えるもよし。とにかく「場に出たポケモン」を優先的に育てていきましょう。

そして各デッキに1枚しか入っていないGXポケモン。これがとても大事。GXポケモンが倒されてしまうと、場合によっては挽回できないことも。

自分のGXポケモンを温存しつつ、以下に相手のGXポケモンを倒せるか、というのがポイントになるでしょう。

あと、サポートを回収する手段が無いので、ハイパーボールやマーマネなどでトラッシュする場合は要注意。バランスよくドローできるよう、配分を考えましょう。

ライチュウGXデッキ感想

最後に、GXスタートデッキ 雷ライチュウの感想を。

アタッカーは主に2体。ライチュウGXとレントラーです。ピカチュウがとコリンク、下敷きになるたねポケモンによって、臨機応変に育てていきましょう。

その他重要になるのは、エネ加速のできるライコウでしょうか。エレザードも「らくらい」で120ダメージを出すことができます。

ライチュウGXが育ち、ワンパンされない状態ならば、160ダメージ出る「かみなり」で攻撃。自らも30ダメージ負うので、相手の攻撃力を計算して。

場にエネルギーがたまってくれば、「パワフルスパーク」に切り替えて攻撃していきます。HPの高いGXポケモンは、確定マヒの「ボルテールGX」で足止めをしましょう。

レントラーは、1つ前のルクシオで「でんじしょうがい」を打ちながらエネをペタペタ。レントラーになれば特性「いかくのキバ」が働くので、相手の攻撃力を下げることができます。

またレントラーは逃げエネがゼロなので、後続が育っていればベンチと入れ替え。

ワザ「ボルテージアロー」はレントラーの雷エネを全トラッシュですが、ベンチも含めて相手ポケモン1体に150ダメージを与えるワザ。ダメージを追った相手を追撃したり、またはベンチで育成中のポケモンを狙撃しましょう。

トラッシュしすぎた雷エネは、エモンガの「エネキャッチ」で回収。手札に3枚戻して、またペタペタ。このギミックがおもしろい。

そしてサポート「デンジ」超優秀。任意のグッズを山札から持って来ることができるので、ボール・ふしぎなアメ・ポケモンいれかえ・ポケモンキャッチャーなど、状況に応じたグッズが使えます。

GXスタートデッキでデンジが使えるのは、大変な強み。実際にデッキを回してみると、そのありがたさを実感するでしょう。

まとめ

以上、GXスタートバトルに、ライチュウGXデッキで参加してきたよ、というお話でした。

想像していたよりも、不思議なおもしろさのあるバトル。また参加してみたいな、と思いました。

まあ実際は雷デッキは闘デッキに蹂躙されてしまいそうですが(笑)、そんな相性を楽しむのも、このバトルのおもしろいところです。

そしてこちらは、参加賞のイーブイ。キラカードなのが嬉しいところ。GXスタートデッキは8月も引き続き開催されるようなので、興味のある方はまた日程をチェックしてみてください。

コメント