ポケモンカード強化拡張パック「リミックスバウト」のポケモンGXをチェック

この記事は約5分で読めます。

ポケモンカードの強化拡張パック「リミックスバウト」に収録のカードから、ポケモンGXをチェックします。

レシリザが未だ活躍している中で、新たな炎タイプのタッグチームが登場するリミックスバウト。「また炎かよ!」という怨嗟の声が聞こえてきそう?

スポンサーリンク

リザードン&テールナーGX

またまた登場のリザードンと、なんと1進化のテールナーがコンビに。「リザードン&テールナーGX」。


  • たね
  • 炎タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:水
  • 抵抗力:無し

シャイニーフレア(180ダメージ):
エネルギー:炎炎炎無
のぞむなら、自分の山札にある好きなカードを3枚まえ、手札に加える。そして山札を切る。

ぐれんのひばしらGX
エネルギー:炎+
自分のトラッシュにある基本エネルギーを5枚、自分のポケモンに好きなようにつける。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンをやけどとこんらんにする。


ワザはエネを4つ必要とする「シャイニーフレア」のみ。重たいな…と思いつつも、エネ加速手段が豊富な炎タイプではこれぐらいが良いバランス。

しかもエネさえつけば、ノーコストで180ダメージを連打可能。さらに山札から好きなカードを3枚持ってこれるという、破格の性能。これが弱いわけない!ダメージを出しつつ相手を妨害、なんて戦略も取れそうです。

GXワザ「ぐれんのひばしらGX」は、炎エネ1個でトラッシュからエネ加速。バクガメスGXやゼラオラGXと同等の能力ですが、タッグチームということで追加効果による状態異常を相手に与えます。強いよなぁ。

フシギバナ&ツタージャGX

こちらもタッグチーム再登場のフシギバナ、そしてツタージャと、ザ・草ポケモンな2体。「フシギバナ&ツタージャGX」です。


  • たね
  • 草タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:炎
  • 抵抗力:無し

特性:かがやくつる:
自分の番に、このポケモンがバトル場にいるなら、自分の手札から草エネルギーをこのポケモンにつけるたび、1回使える。相手ベンチポケモンを1匹選び、バトルポケモンと入れ替える。

フォレストダンプ(160ダメージ):
エネルギー:草無無無

ソーラープラントGX
エネルギー:無無無+
相手のポケモン全員に、それぞれ50ダメージ。追加でエネルギーが2個ついているなら、自分のポケモン全員のHPを、すべて回復する。


特性「かがやくつる」が強力。バトル場のフシギバナ&ツタージャGXに手札から草エネルギーをつければ、問答無用で相手の前後を入れ替えることができます。

ワザ「フォレストダンプ」はエネ要求がやや重いながらも、ノーコストで160ダメージ連打はなかなか。特性「みつりんのぬし」のフシギバナと組み合わせれば、草エネ2つで打てるのも◯。

GXワザ「ソーラープラントGX」は相手陣に50ダメージをばら撒き、さらに追加エネが付いていれば自陣のHPを全回復。エネ色を選ばずに使えてHPが全てフルになる、というのは強いですね。

カメックス&ポッチャマGX

カメックスはタッグチームとしては初登場。一方のポッチャマ、カワイイよね(笑)。「カメックス&ポッチャマGX」です。


  • たね
  • 水タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:草
  • 抵抗力:無し

スプラッシュメーカー(150ダメージ):
エネルギー:水水無
のぞむなら、自分の手札にある水エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに付きなようにつける。その後、つけたポケモンのHPを、それぞれつけた枚数×50ダメージぶん、回復する。

バブルランチャーGX(100ダメージ)
エネルギー:水水無+
相手のバトルポケモンをマヒにする。追加で水エネルギーが3個ついているなら、150ダメージ追加。


ワザ「スプラッシュメーカー」は150ダメージ。さらに手札から水エネを3枚まで、自分のポケモンに好きなようにつけ、つけたポケモンのHPをつけた枚数×50ダメージぶん、回復します。

中打点+エネ加速+回復を、一つのワザでやってしまう贅沢さ!エネは最低でも水エネ2枚を含む3枚が必要なので、フリーザーからつなげるのがシンプルな戦略でしょうか。

GXワザ「バブルランチャーGX」は、100ダメージ+マヒ。追加効果で150ダメージをプラスします。強力と言えば強力ですが、エネ6つつけて250ダメージにすると、状況によっては相手をワンパンしてしまうので、マヒ効果にもう一つメリットを感じないかな~、と。ベンチ2体に◯ダメージ、とかの方が良かったかも。

アローラペルシアンGX

ペルシアンに続き、アローラのペルシアンもGX化。「アローラペルシアンGX」です。


  • 1進化
  • 悪タイプ
  • HP200
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:闘
  • 抵抗力:超

特性:ドヤがお:
このポケモンは、相手の「TAG TEAM」「ウルトラビースト」と、特殊エネルギーがついていいる相手のポケモンから、ワザのダメージや効果を受けない。

ツメできりさく(120ダメージ):
エネルギー:悪無無

ストーククローGX
エネルギー:悪無無
相手のポケモン1匹に、120ダメージ。このワザのダメージは、弱点・抵抗力と、ダメージを受けるポケモンにかかっている効果を計算しない。


特性「ドヤがお」が強烈なアローラペルシアンGX。特性が働いている限り、タッグチームGX・ウルトラビースト・特殊エネ付きのポケモンからのワザダメージ・効果をシャットアウト。このポケモンが本格的に流行るようならば、デッキに対抗策を入れておかないと積んでしまうかも。

ワザ「ツメできりさく」は、悪無無で追加効果無しの120ダメージ。HP130族を倒すためには、スタジアム「喰いつくされた原野」と組み合わせて。

GXワザ「ストーククローGX」は、貫通効果付きの120ダメージ。とは言え、弱点計算をしないので、GXワザとしてはちょっと物足りないところ。

しかし何より特性が超強力なアローラペルシアンGX。スターターセット 「ブラッキー&ダークライGX」など強化が著しい悪タイプを、さらに強くするGXポケモン。進化前は「でばなをくじく」のアローラニャースがオススメ?

まとめ

以上、ポケモンカード強化拡張パック「リミックスバウト」から、ポケモンGXのご紹介でした。

今回は「ジージーエンド」以来、GXの収録が4枚というやや寂しい結果に。ただ収録のポケモンは炎・草・水のタッグチームGX、相手に一工夫を強いる特性をもつアローラペルシアンGXとも、強力なもの。デッキに早く入れたい!という方も多いのでは。

またリミックスバウトはミュウツーGX争奪のシールド戦に使われるので、草・炎・水のどれを掴んで何と対戦するかで、運命が大きく左右されるのもおもしろそう。注目です。

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました