ポケモンカード強化拡張パック「リミックスバウト」のトレーナーズをチェック

この記事は約3分で読めます。

ポケモンカードの強化拡張パック「リミックスバウト」に収録のカードから、サポート・グッズ・スタジアムなどのトレーナーズをチェックします。

いきなり強烈なサポートが登場していますが、さて…。

スポンサーリンク

サポート

ローラースケーター

XYで「ローラースケート」というグッズがありましたが、今回はスケーターに。テキストは

「自分の手札を1枚トラッシュする。その後、山札を2枚引く。トラッシュしたカードがエネルギーなら、さらに2枚引く。」

…これは強すぎるぅ!結構な確率で4枚ドローが可能になるのでは。ちなみにエネルギーは基本エネじゃなくてもOK。

特にトラッシュのエネを再利用するデッキでは、強烈な効果を発揮しそう。スタジアム「テンガン山」や「トキワの森」などと組み合わせても強そうですね。

オーキド博士のセッティング

オーキド博士、今回はポケモンをセッティングしてくれます。山札からちがうタイプのたねポケモンを3枚までベンチに出す、という効果。

複数のタイプ、特にHPの高いポケモンGX・タッグチームGXを並べるのに効果を発揮するカード。なおオーキド博士のセッティングで持ってきたカードは「ベンチに出す」なので、例えばデデチェンジのような特性は発動しないので注意。

グッズ

グレートキャッチャー

XYでもメガ進化を呼び出す「メガキャッチャー」というグッズが出ましたが、サン&ムーンでも終盤にきて「グレートキャッチャー」が登場。相手のポケモンGX・EXを1体選び、バトルポケモンと入れ替えます。

グズマが無くても任意のポケモンGXを呼び出せる!のですが、手札を2枚トラッシュしないと使えない、というのがミソ。終盤、リセットスタンプで手札を減らされると、ちょっとツライかも。

エネルギー

ドローエネルギー

特殊エネルギー「ドローエネルギー」。名前からして出落ちなカードですが、無色エネルギー1個分として働き、かつ手札からポケモンに付けた時に、山札を1枚引くことができる、という効果を持ちます。

おもしろいカードだと思うのですが、付けて山札を1枚引いたあとは、別に…というのが気になります。ドローに意義を見いだせるかどうか?

再録

リミックスバウトはミュウツーGX争奪戦のシールド戦に使われる、という前提のため、再録カードが多めです。

ノンキラのカードは以下。

  • エネルギーつけかえ
  • エネルギー回収
  • ポケモンいれかえ
  • ポケモン通信
  • アンズ
  • ジャッジマン
  • ウィークガードエネルギー

TRは以下。

  • ダートじてんしゃ
  • エスケープボード
  • おじょうさま
  • 溶接工

ノンキラのカードでは、ポケモン通信が収録されているのが嬉しいですね。しかしお気づきのように、ボール系のグッズが入っていない!シールド戦でデッキが回るんだろうか…。オーキド博士のセッティングを引けなかったら、積んでしまうのでは。

TR4種類は、どれも人気の出そうなカードですね。おじょうさま・溶接工は特に注目。溶接工は最初から素顔を出している、というのもポイント高い。

まとめ

以上、ポケモンカード強化拡張パック「リミックスバウト」から、トレーナーズのご紹介でした。

今回はシールド戦を想定したパックのため、再録が11枚(エネルギー・TR含む)。一方、新規カードは4枚(サポート×2・グッズ×1・エネルギー×1)という少なさ。「強化拡張」というパックの立ち位置を考えると、かなり寂しいですね。

新規カードが少ない分、魅力的なTRでバランスを取っているようにも感じるのですが、さて…。

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました