【感想】「三人娘は笑うて暮らす」-ちょっと謎めいた三姉妹のかしましいおしゃべり。

この記事は約1分で読めます。

IKKI COMIX、朝陽昇「三人娘は笑うて暮らす」。単巻完結のコメディー漫画です。

スポンサーリンク

あらすじ

都内の裏通りにひっそりと佇まう小さなカフェバー、「カシマシ」。お世辞にも流行っているとはいえない小さな店に集う三姉妹。長女・花時丸(ガジマル)朝香、次女・花時丸真昼、三女・花時丸小夜子。月イチで「カシマシ」に集まる彼女たちと雇われマスターの、ちょっと愉快なお茶会が今夜も始まる-。

感想

カフェバー「カシマシ」を舞台に楽しい一話完結の話が展開される全十話+おまけ。登場人物は基本的に三姉妹とマスター、そして店員の今日子さんのみ。一見しっかりもの風の長女・朝香、自由奔放・言いたい放題の次女・真昼、ちょっともっさりだが意外にしっかり者の三女・小夜子。姉妹なのに、いや姉妹だからこそ?三者三様な三人娘。彼女たちの女きょうだいらしい、かしましいおしゃべりについついクスリと来ます。

しかしそんな三姉妹。楽しいおしゃべり・思い出話の中に不思議なふるまいが。実は彼女たちにはちょっとした秘密があって-?

明るく楽しく、ちょっと不条理で不思議な三姉妹。そんな彼女達の存在感が気づけばじわじわと心の中にはいってくる。読んでいるうちにカシマシのマスターのような気持ちになってくるから不思議。

というわけでこの「三人娘は笑うて暮らす」、単巻完結で読みやすく、でももっと続きが読みたくなる、不思議に面白いコメディー漫画でした。あなたもカフェバー「カシマシ」で、三姉妹のおしゃべりに耳を傾けてみませんか?

コメント