マンガ盛

漫画の感想、おすすめのおもしろい漫画紹介など。単行本派です。

【感想】「外天楼」-展開の読めない短編集。

      2016/01/20

getenrow01

「それでも町は廻っている(それ町)」で有名な石黒正数氏の短編集・「外天楼(げてんろう)」の感想です。1巻完結のマンガとして読みやすく、また人気の作品です。

あらすじ

少年・アリオと同級生二人は、成人向け雑誌を書店で購入しようとするが失敗。そこでマンションのゴミ捨て場に目をつけ、捨てられている雑誌の束を手に入れる。しかしそれには不思議な謎があった-?(「リサイクル」)

集合住宅「外天楼」で起きた変死事件。刑事・山上と冴子は遺体のあった部屋の不自然な状況に疑念を抱き、推理を重ねるが-。(「面倒な館」)

他、全9編。

感想

思春期の少年達、宇宙刑事(特撮)、ロボットのいる生活、刑事達、そしてフェアリー…。「それ町」を読んだ人ならご存知かと思いますが、主人公・歩鳥が出会うような謎事件がどの作品にも含まれます。「それ町」ばりのコメディ要素にニヤリとしつつ、「あー、なるほど。石黒氏らしい短編集だな…」と油断していると「あれ、この短編たち、実は…?」と中盤から怒涛の展開。

最初の1編と最後の1編を読み終わった時の読後感の落差。「あれ?この『外天楼』、(こちらが期待していた)石黒作品っぽくない…!」といい意味で裏切られ感いっぱいです。

元々は雑誌「メフィスト」に3年程かけて連載されていたようですが、後から読み直してみるとやっぱり最初からこの構想だったんでしょうね。すごいわ…!出来るだけネタバレしないように配慮して書いたつもりですが、予備知識無しでご覧になるとものすごく楽しめると思います。ギャグあり、謎解きあり、SFありのてんこもり。単巻完結で気軽に読める、オススメの作品です。

 - SF, ミステリー, 短編集

広告1

広告1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヤマシタトモコ「運命の女の子」
【感想】「運命の女の子」ーバラエティに富んだオムニバス3編

ヤマシタトモコ氏のオムニバス作品集「運命の女の子」を読みました。サイコ・サスペン …

【感想】「珈琲時間」-さあコーヒーを飲もう、今すぐに!

講談社より発売。豊田徹也氏の短編集、「珈琲時間」の感想です。 あらすじ 女性チェ …

【感想】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」24巻(特別編)ーファン感涙のサイドエピソード

安彦良和氏描く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。本編は23巻で完結して …

【感想】「兄妹(キョウダイ)」1巻ー探偵と幽霊の怪奇ミステリー

「名探偵マーニー」の木々津克久氏による新たなミステリー漫画。サブタイトル「少女探 …

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻ー太田垣康男えがく、新たな宇宙世紀

「MOON LIGHT MILE」の作者である太田垣康男氏の描く新ガンダム「機動 …

ファンタジー 御徒町鳩
「ファンタジー」―14歳と59歳の恋。超能力とサスペンスも添えて

御徒町鳩さんの漫画「ファンタジー」を読みました。中年の男性に抱きつく艶めかしい雰 …

【感想】「うたたね姫」-宮田紘次氏によるちょっと不思議な世界。

「Fellows」にて「犬神姫にくちづけ」を絶賛連載中の宮田紘次氏による短編集・ …

岡崎二郎「大平面の小さな罪」
【感想】「大平面の小さな罪」ー平面を操る力が引き起こす犯罪とは?

「アフター0」などのSF作品でおなじみ、岡崎二郎氏の「大平面の小さな罪」を読みま …

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻―ガンダムを待ち構える「最強のザク」

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻を読みました。カバーでザク・マ …