マンガ盛

漫画の感想、おすすめのおもしろい漫画紹介など。単行本派です。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻ー太田垣康男えがく、新たな宇宙世紀

      2016/01/20

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻

「MOON LIGHT MILE」の作者である太田垣康男氏の描く新ガンダム「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻を読みました。SF描写に定評のある太田垣氏、さてガンダムをどのように調理してくれるのでしょうか。

あらすじ

一年戦争末期である宇宙世紀0079年。「地獄のサンダーボルト宙域」にて幅をきかせるジオン軍の狙撃部隊「リビング・デッド師団」。一方、連邦軍も敵の重要な補給ルートであるサンダーボルト宙域を制圧するために、スナイパーの排除を画策する。侵攻するジム部隊、迎え撃つジオンのスナイパー達。過酷な戦場で連邦のイオ・フレミング、そしてジオンのダリル・ローレンツ、二人のパイロットは相まみえる…。

感想

SFロボットアニメとして独特の進化を遂げた「ガンダム」。それをリアリティあふれる宇宙開発漫画「MOON LIGHT MILE」の作者である太田垣康男氏が描くと…。いい感じでバランスの取れたガンダムになってる!MSや宇宙戦艦、連邦VSジオンといったガンダムの世界観はそのままに、宇宙戦争、特にメカ描写のディテール・表現がパワーアップ。ガンダムのファンも納得なのではないでしょうか。

そしてMSがカッコイイ!表紙のFA(フルアーマー)ガンダム始め、太田垣康男氏によってリデザインされたMS、兵器としての迫力があります。特にジオン系はザク・ドム。ゲルググなどどれを見てもハズレ無し。連邦のジムはもう一つだけど(笑)。

そのMSを操るのは二人の主人公・イオとダリル。イオはムーア同胞団(サイド4コロニーの一団)の首長の息子、ダリルは戦いで手足を失った兵士を集めた「リビング・デッド師団」の一員。立場は違えど凄腕のパイロット二人。戦場でまみえ、ライバルとなった彼らの戦いが軸となって物語が進みます。

この「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第1巻では、FAガンダムを与えられたイオと、旧ザク+ビッグ・ガン(狙撃用砲台)でそれを迎え撃つダリルの戦いまでが描かれます。戦いに勝つのはガンダムのスピードかザクの狙撃か?スピード感あふれる戦闘が楽しめます。アニメ化も決定したサンダーボルト、まずは第1巻からその迫力を堪能してください。

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」1巻の名言

ガンダム…俺を…夢中にさせてみろ!!!

FAガンダムで初出撃した時のイオのセリフ。どちらかと言えばオドオドしている歴代ガンダムパイロットとは異なる、新しい主人公像を良くあらわすセリフです。

 - SF

広告1

広告1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【感想】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」24巻(特別編)ーファン感涙のサイドエピソード

安彦良和氏描く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。本編は23巻で完結して …

岡崎二郎「大平面の小さな罪」
【感想】「大平面の小さな罪」ー平面を操る力が引き起こす犯罪とは?

「アフター0」などのSF作品でおなじみ、岡崎二郎氏の「大平面の小さな罪」を読みま …

機動戦士ガンダム サンダーボルト 2巻
「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻―ガンダムを待ち構える「最強のザク」

太田垣康男「機動戦士ガンダム サンダーボルト」2巻を読みました。カバーでザク・マ …

【感想】「外天楼」-展開の読めない短編集。

「それでも町は廻っている(それ町)」で有名な石黒正数氏の短編集・「外天楼(げてん …