マンガ盛

漫画の感想、おすすめのおもしろい漫画紹介など。単行本派です。

【感想】「恋は雨上がりのように」1巻-冴えない中年男に惚れた女子高生の恋の行方。

      2016/01/20

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」より

小学館「月刊!スピリッツ」連載、眉月じゅん「恋は雨上がりのように」の第一巻を読みました。

あらすじ

黒髪ロングのクールビューティー、女子高生「橘あきら」。足のケガで陸上部としての活動を断念した彼女は、現在ファミレス「ガーデン」でアルバイト中。店長は10円ハゲ、チャック前回、バツイチ、アルバイトにも怒られる、冴えない中年の代表格のような近藤正巳・45歳。しかしあきらはそんな近藤に密かに思いを寄せて-。

感想

女子高生が中年男性に恋をする顛末が描かれる、なんともせつないメロドラマのようなマンガ。掲載誌は男性向けですが、作者が女性(ですよね?)ということもあって、男性が喜ぶような展開のマンガではなく、純粋に一人の若き女性の恋模様にやきもき。私は性別や年代ではファミレス店長・近藤の立場ですが、彼に感情移入するというよりは、あきらの何とも言えない恋心に心のツボを刺激されます。

近藤は本当によくある「ファミレスのサラリーマン店長」。独身(バツイチ)、子持ち、昇進の見込みなし、後頭部の10円ハゲ、加齢臭の気になるお年ごろ、とステレオタイプの中年男性。所用であきらと他店に入った時に、ドリンクバーの陳列が気になる描写があるように職務にはいたってマジメですが、比較的年代の若い従業員とのコミュニケーションに悩んだりもします。

そんな近藤を好意からじっと見つめるあきら。しかしそれを「ゴミでもみるような目」と解釈してしまう近藤。自分の思いを素直に表に出せない彼女と、よもや女子高生が自分に好意を抱くはずもなく、自身も恋愛対象として彼女を見ていない、そんな二人の心のすれ違い。読めば読むほど味わい深い。

あきら自身も少し変わった女の子。同性の友人は多いが、学校のイケメンや同級生には全く興味を示さず、キャラクターの趣味も少し変わっている。怪我(おそらくアキレス腱断裂)のためあきらめた陸上の道。同級生や後輩の活躍を応援しつつも複雑な気持ちを抱く。思春期まっただ中の彼女の思いと、そんな彼女がなぜ近藤に惹かれたのか、がこの1巻で丁寧に描かれます。

この一巻では丁寧にあきらの思いと心の揺れ動き、そして彼女と近藤のややユーモラスとも言えるふれあいが描かれていますが、それも本巻終盤に大きく動き-?「女子高生と中年男性の恋愛」と、どう転んでも締め方の難しそうなテーマを描いたこの「恋は雨上がりのように」。続きが気になる一作です。

 - 恋愛, 青春

広告1

広告1

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」5巻 感想

小説を手にとって振り返る、文学に染まった?あきらが表紙の眉月じゅん「恋は雨上がり …

田中相「その娘、武蔵」(1)
【感想】「その娘、武蔵」1巻-躍動感あふれる身長182cmに期待大。

田中相「その娘、武蔵」1巻の感想です。本エントリー更新時、講談社の「新・想像系コ …

ヤマシタトモコ「運命の女の子」
【感想】「運命の女の子」ーバラエティに富んだオムニバス3編

ヤマシタトモコ氏のオムニバス作品集「運命の女の子」を読みました。サイコ・サスペン …

押見修造「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」
「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」ー未成熟な高校生たちのふれあいを描いた名作

「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」を読みました。「惡の華」「ぼくは麻理のなか」 …

とよ田みのる FLIP FLAP
「FLIP-FLAP」―そこにあるのはただひたすらのピンボール愛

とよ田みのる氏の漫画「FLIP-FLAP(フリップフラップ)」を読みました。ピン …

ファンタジー 御徒町鳩
「ファンタジー」―14歳と59歳の恋。超能力とサスペンスも添えて

御徒町鳩さんの漫画「ファンタジー」を読みました。中年の男性に抱きつく艶めかしい雰 …

聲の形
【感想】「聲の形」1巻-かつていじめた相手との再会。

大今良時氏の「聲の形(こえのかたち)」第一巻の感想です。2013年11月に単行本 …

【感想】「おおきく振りかぶって」1巻-球児たちの未来に感じるワクワク感。

ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」第一巻の感想です。このエントリーを書いている時 …

眉月じゅん「恋は雨上がりのように」4巻 感想

長い髪をすくい上げ、蛇口から流れ出る水に口を近づける主人公・あきらが表紙の「恋は …

恋は雨上がりのように 3巻
【感想】「恋は雨上がりのように」3巻ー友人との友情がせつなくも爽やか

店長に対するあきらの変わらない想い。店長とあきらの距離は縮まっていくのか?眉月じ …