【漫画さっくりレビュー】「往生際の意味を知れ!」1巻

この記事は約2分で読めます。

7年ぶりに元カノと再会した男性。変わらず美しい彼女から頼まれたのは、

「あなたの○○ちょうだい」

ちょっと歪な恋愛模様を描く、米代恭氏の「往生際の意味を知れ!」1巻レビュー。ちなみに「往生際」とは「死に際」のことである。

7年前に別れた元カノが忘れられない会社員・市松。彼女主演で撮影した映画を夜な夜な見ながら、スクリーンの中の彼女に「信じてくれ!!心に決めた女はお前ひとり。女神!!宇宙一!!」と愛を誓う毎日(ちょっとキモい)。

その彼女との思い出や映画のデータが詰まったPCを、落雷による火事にて失ってしまった市松。失意の中、自ら命を絶とうとしたところに、なんと元カノから連絡が!

「久しぶり、日下部日和だよ」

人気エッセイ漫画の作者・日下部由紀の娘たち。その長女である日和は、映画撮影をきっかけに7年前に市松の彼女となり、そしてひと月後に別れを告げ姿を消した元カノ。

その彼女とようやく再会。「俺、まだ…あなたが好きなんだけど…」と真面目な思いを伝えるも、彼女は突拍子も無い要求を。それは理解の出来ない内容だったが、断ればそれっきり関係は終わってしまいそう。さあ!市松!どうする!

…というところから、男女の歪な関係が描かれていく「往生際の意味を知れ!」。実に漫画っぽい展開だが、市松と日和、二人のキャラクターがとても立っていて、「あ、この二人だったらこんな事もありそう…」と思わせる描き方がウマイ

その中でも不思議と共感してしまうのが、主人公・市松の一途さ。一見キモいストーカー気質にも思える性格なのだが、日和のことを思いつつも「仮に再会してもそれは以前の日和では無く、かつての関係は戻ってこない」ということを冷静に認識していて、不憫なほどのその健気さが愛おしい

まあそもそも男は別れた女に対して未練がましく、女はサバサバ次の恋愛へGO!な性質を持つものだが(※偏見です)、そんな男女の性質の違いを極端にデフォルメし、さらに突飛なストーリーへと昇華させていく、米代恭氏のストーリーの作り方が非常に面白い

さて1巻では、何を考えているかわからない日和の、その真の狙いが徐々に明らかになっていくような…?というところで次巻へ。続きの気になる引きにいい意味でヤキモキする。

オススメ電子書籍ストア

Kindle以外の電子書籍ストアも、使ってみるとお得で便利!チェックしてみてください。

ブックライブ(BookLive!)
  • 新規登録は50%OFFクーポンがもらえる!
  • 日替わりクーポン「クーポンガチャ」がお得!
  • サイトが使いやすい!電子書籍が読みやすい!
DMMブックス
  • DMMブックス独自のセールを随時開催
  • PayPayによるポイント還元がお得!
  • 他ストアには無い独自の漫画コンテンツ有り
ebookjapan
  • 初回ログインで50%OFFクーポンがもらえる!
  • 他のストアとは異なる値引き・ポイント還元あり
  • 大人向けコンテンツが充実!
それどんな漫画?
コータ_をフォローする
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました