ポケモンカード拡張パック「ダブルブレイズ」のポケモンGXをチェック

この記事は約8分で読めます。

ポケモンカードの拡張パック「ダブルブレイズ」に収録のカードから、ポケモンGXをチェックします。

タッグチームGXが登場してから、初めての炎強化。ついに炎タイプのタッグチームGXが登場。エクスパンションもとうとう二桁の「SM10」になりました。

スポンサーリンク

レシラム&リザードンGX

炎タイプの2大巨頭、レシラムとリザードンが手を組んだ「レシラム&リザードンGX」。炎タイプ待望のタッグチームGXです。草タイプを焼き尽くせ!


  • たね
  • 炎タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:水
  • 抵抗力:無し

げきりん(30ダメージ+):
エネルギー:炎無
このポケモンにのっているダメカンの数×10ダメージを追加。

フレアストライク(230ダメージ):
エネルギー:炎炎炎無
次の自分の番、このポケモンは「フレアストライク」が使えない。

ダブルブレイズGX(200ダメージ+)
エネルギー:炎炎炎+
追加で炎エネルギーが3個ついているなら、100ダメージ追加。その場合、このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。


レシラムでおなじみのワザ「げきりん」を搭載。HP270なので、素の状態で290ダメージまで出ます。実際はそこまで出ないでしょうが、傷を負えば負うほど強くなるヤツ。

下ワザ「フレアストライク」はエネ要求が重ためですが、新サポート「溶接工」はじめ、炎タイプはエネ加速がしやすいので問題なし。230ダメージは大抵のポケモンをワンパンできるでしょう。強い

GXワザ「ダブルブレイズGX」は、エネ3つで200ダメージ。追加エネの効果で300ダメージ+効果無視ができます。

とにかく大火力!なタッグチームGX。ポケモンGX同士のバトルならば、無類の強さを発揮するのではないでしょうか。

ベトベトン&アローラベトベトンGX

これはいろんな意味でインパクトある(笑)。超タイプの「ベトベトン&アローラベトベトンGX」。想像どおり、特殊状態を絡めたワザをガンガン使ってきます。


  • たね
  • 超タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:4
  • 弱点:超
  • 抵抗力:無し

バッドポイズン:
エネルギー:超無無
相手のバトルポケモンをどくにする。このどくでのせるダメカンの数は8個になる。

どくしゃぶり(120ダメージ):
エネルギー:超無無無
相手のバトルポケモンがどくなら、このポケモンのHPを「100」回復する。

ベトベトミックスGX
エネルギー:無し+
相手のバトルポケモンをどくとマヒにする。追加でエネルギーが4個ついているなら、このどくでのせるダメカンの数は15個になる。


上ワザ「バッドポイズン」はダメージはありませんが、相手をダメカン8個がのるどく状態にします。HP160以下の相手ならば、相手ターンから自分のターンに帰ってくる間にきぜつ。

下ワザ「どくしゃぶり」は120ダメージですが、相手がどく状態ならば、ベトベトン&アローラベトベトンGXのHPを100回復。HP270なのに100も回復されたらかなわんなぁ…。サポート・キョウの罠なども相性がいいですね。

GXワザ「ベトベトミックスGX」は、タッグチームGXとしては初のエネ無しワザ。相手をどくとマヒにします。が、ここは追加でなんとしてもエネを4つつけたいところですね。どくマヒにして相手がポケモンを入れ替えられなければ、HP300でも倒せるのは強い。

マーシャドー&カイリキーGX

マッスルマッスル!闘タイプから初のタッグチームGX化、「マーシャドー&カイリキーGX」。絵面がすごいですが、テキストもそれに負けじとタフな内容になっています。


  • たね
  • 闘タイプ
  • HP270
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:超
  • 抵抗力:無し

リベンジ(30ダメージ+):
エネルギー:闘無
前の相手の番に、ワザのダメージで、自分のポケモンがきぜつしていたなら、90ダメージ追加。

ひゃくれつインパクト(160ダメージ):
エネルギー:闘闘無

ごうけつのきわみGX(200ダメージ)
エネルギー:闘闘無+
追加でエネルギーが1個ついているなら、次の相手の番、このポケモンがワザのダメージを受けてきぜつするとき、このポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。


上ワザ「リベンジ」は、前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていれば打点がアップする、リベンジワザ。まずはベンチでマーシャドー&カイリキーGXを育てていく、というパターンになりそう。

下ワザ「ひゃくれつインパクト」はややエネルギー重めですが、ノーコストで160ダメージを連発できるのは文句の無い強さ。

そしてGXワザ「ごうけつのきわみGX」は、追加でエネルギーが一つついていれば、次の相手のターンできぜつしても、HP10残しで場にとどまることができます。全部のワザをよどみ無く使えれば、このポケモン一体でバトルを制することもできそう。

逆にマーシャドー&カイリキーGXが流行るようならば、特殊状態で最後のHPを刈り取る、というデッキが増えるかもしれませんね。

ドンカラスGX

最近、GXになるポケモンのチョイスが地味目やな。悪タイプの「ドンカラスGX」。しかし強烈な特性を持っています。


  • 1進化
  • 悪タイプ
  • HP210
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:雷
  • 抵抗力:闘

特性:よるのしはいしゃ:
このポケモンがバトル場にいるかぎり、相手は手札から、「ポケモンのどうぐ」「特殊エネルギー」を出してつけられず、「スタジアム」も出せない。

フェザーストーム(90ダメージ):
エネルギー:悪無無
相手のベンチにいる「ポケモンGX・EX」2匹にも、それぞれ30ダメージ。

アンフェアGX
エネルギー:無無
相手の手札を見て、その中にあるカードを、2枚トラッシュする。


中打点で妨害系のワザ・特性を持つドンカラスGX。特性「よるのしはいしゃ」は、バトル場にドンカラスGXがいれば、ムウマージ(SM4A)のカオスウィールと同様の効果を発揮。特に特殊エネルギー主体のデッキに辛い結果を生み出します。

ワザ「フェザーストーム」は、GX・EX限定ですが、相手ベンチ2体に30ダメージずつ。ジワジワとダメカンを貯めていくタイプのワザ。

そしてGXワザ「アンフェアGX」は、相手の手札を確認して、確定で2枚破壊。ジャッジマンやマーシャドーで手札を減らしてから使いたいですね。

エルフーンGX

これはカワイイ!フェアリータイプの「エルフーンGX」。HPは1進化としては低めの190ですが…?


  • 1進化
  • フェアリータイプ
  • HP190
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:鋼
  • 抵抗力:悪

特性:ふわふわコットン:
このポケモンがワザのダメージを受けるとき、自分はコインを1回投げる。オモテなら、このポケモンはそのダメージを受けない。

エナジーブロー(10ダメージ+):
エネルギー:妖
このポケモンについているエネルギーの数×30ダメージ追加。

トイボックスGX
エネルギー:妖
自分の山札にある好きなカードを5枚まで、手札に加える。そして山札を切る。


HPの低さに加え、一見地味なエルフーンGX。しかしワザダメージを受ける確率を1/2にする特性「ふわふわコットン」が強烈にして凶悪。こういう特性、実際相手にするとわかるんですが、めちゃくちゃイヤなんですよ…。はっきり言って強いです。

もし現状でふわふわコットンを無効にしようと思うと、グレイシアGXかケッキングで特性を無くすか、または「ひきさく」系のワザを使うか、はたまたダメカンをのせる(ダメージではなく効果)か、といったところでしょうか。

ワザ「エナジーブロー」は基本10ダメージですが、新特殊エネルギー「トリプル加速エネルギー」との相性がバツグン。また理論上はダメージが青天井でもあるので、一発逆転もあるかも。

GXワザ「トイボックスGX」も、トリプル加速エネルギーを手札に加えるのに便利。2進化のメタグロスGXと同じ効果を、1進化でできるというのは強いですね。

ペルシアンGX

ノーマルカードでは良く登場していたペルシアンですが、満を持してのGX化。無色タイプの「ペルシアンGX」です。


  • 1進化
  • 無色タイプ
  • HP200
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:闘
  • 抵抗力:無し

特性:キャットウォーク:
前の相手の番に、自分の「ポケモンGX・EX」がきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札にある好きなカードを2枚まで、手札に加える。そして山札を切る。この番、すでに別の「キャットウォーク」を使っていたなら、この特性は使えない。

ふくしゅう(10ダメージ+):
エネルギー:無無無
自分のトラッシュにあるポケモンの枚数×20ダメージ追加。追加できるダメージはポケモン9枚ぶんまで。

スラッシュバックGX(150ダメージ)
エネルギー:無無無
このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。


えーと…、強くね?なペルシアンGX。特性「キャットウォーク」が強烈。ポケモンGX・EX限定ですが、前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていたならば、山札から任意のカードを2枚、持ってくることができます。妨害カードだったり、または図がドーンGXやカミツルギGXのようなサイドを取れるポケモンを持ってきて、勝負を決めるということも。

ワザ「ふくしゅう」は、トラッシュにあるポケモンの数で打点が上がるワザ。追加できるポケモンは9枚までなので、マックス190ダメージ。

GXワザ「スラッシュバックGX」は、150ダメージでペルシアンGXをベンチに下げるワザ。グソクムシャGXと同等ですが、エネ色を選ばないのが強みです。

まとめ

以上、ポケモンカード拡張パック「ダブルブレイズ」から、ポケモンGXのご紹介でした。

今回は拡張パックということで、タッグチームGX3種・ポケモンGX3種の計6枚が収録されました。破壊力バツグンのレシラム&リザードンGX以外は、いずれもトリッキーな性能を持つカードばかり。デッキ構築の意欲が湧いてきますね。

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました