ポケモンカード強化拡張パック「ドリームリーグ」のノーマルポケモンをチェック

この記事は約6分で読めます。

ポケモンカードの強化拡張パック「ドリームリーグ」に収録のカードから、ポケモンGX以外のノーマルポケモンをチェックします。

本記事ではポケカ公式の情報を元に、強化拡張パック「ドリームリーグ」のノーマルポケモンから、気になったポケモンをピックアップして紹介します。

スポンサーリンク

水タイプ

エンペルト

2進化・HP160のエンペルト。上ワザ「おもいだす」は、無色1エネで進化前に持っていたワザを使うことができます。ベースとなるポッチャマのバブルホールド(水水水で80ダメージ+たねポケモンはワザを使えない)を使ったり、あれやこれやができそう。

下ワザ「アクアフォール」は無無で130ダメージ、エンペルトについているエネを全てトラッシュ。エネ色を選ばずに攻撃できるのが強みです。

マニューラ

1進化・HP90のマニューラ。え?悪タイプと間違ってるんじゃないかって?いえいえ。マニューラ、ドリームリーグでは水タイプでの登場なんです。私もBWからポケカをしていますが、水タイプのマニューラは初めてみました。

上ワザ「わるだくみ」は悪エネ一つで、自分の山札にある好きなカードを2枚まで手札に加えます。下ワザ「スラッシュクロー」は、悪悪無で110ダメージ。

おわかりのように、要求エネは悪エネ。なので悪タイプのデッキに挿しておくことも可能。逃げエネ0で弱点が鋼というのも要チェックです。ちなみに進化前のニューラも、水タイプで収録。

ヨワシ

非GXとしては初、「むれたすがた」で登場のヨワシ。たね・HP180でキラカード。

特性「ちりぢり」は、ヨワシにダメカンがのっていれば、相手の番の終わりにコイントス。ウラならばヨワシとついている全てのカードを山札に戻します。

ワザ「ハイドロスプラッシュ」は水水無で130ダメージ、追加効果無し。というわけで壁役として使うのが正解なんでしょうね。

雷タイプ

レアコイル

コイルとジバコイルの中間系であるレアコイル。特性「しょうしゅうしんごう」は自分の番に1回使える特性。レアコイルをきぜつさせて、山札にあるサポートを3枚まで、相手に見せてから手札に加えます。

レアコイルがきぜつすると当然サイドが取られるので、サイド差を作ってマチスからのコンボを決める、といった使い方になるのでしょうか。

ピカチュウ

たね・HP70のピカチュウ。エモンガ・パチリスとの連携も可能な上ワザ「ほっぺすりすり」は、コインオモテで相手をマヒにするおなじみのワザ。

下ワザ「ボルテッカー」は、雷雷無で70ダメージ、ピカチュウにも10ダメージ。これって意外に実用的かも?カウンターエネやサンダーマウンテンPS、さらにエレキパワーも組み合わせれば、予想外の大ダメージを繰り出すことも夢じゃない。

ライチュウ

上のピカチュウから進化する、HP120のライチュウ。こちらも無色エネ一つで使える「ほっぺすりすり」を搭載しています。

下ワザ「パワフルスパーク」は、雷エネ一つで、自分の場についている雷エネルギーの数×20ダメージ。カウンターエネと組み合わせれば、大ダメージを叩き出せる、かも。

超タイプ

エルレイド

間違いなく「ドリームリーグ」注目の一枚となるであろう、2進化・HP160のエルレイド。

特性「ダブルタイプ」は、場にいる限りエルレイドが超と闘の2タイプになります。ワザ「パワーサイクロン」は、エネルギー無無で120ダメージ、エルレイドについているエネルギー1個をベンチポケモンに付け替えます。

というわけで、強いことしか書いてない!高HPに二つの弱点をつける特性、さらにエネ色を選ばずに120ダメージ、後続にエネを引き継ぐこともできるなんてゴイスー。サーナイトGXを同時に立てて「ひみつのいずみ」でエネ加速、とかも魅力的。

ドガース

たねポケモンのドガース・HP60。特性「ぶっとびボム」は、自分の番に新サポート「ホミカ」の効果でこのドガースがトラッシュされたとき、相手のポケモン全員にそれぞれダメカンを1個のせます。

ホミカはポケモンをトラッシュしてマックス6枚ドローできるサポート。相手のダメカンをばらまきつつ、自分の手札を増やすことが可能。

ミミッキュ

HP70・弱点抵抗力無しのミミッキュ。上ワザ「なりすます」は、無色1エネで自分の手札にあるサポートを1枚トラッシュ。その後トラッシュしたカードの効果を、ワザの効果として使います。というわけで序盤にめっちゃカードをドローする、なんてことも可能。

下ワザ「いたずらなて」は、超エネ一つで相手のポケモン2匹に、それぞれダメカン2個をのせます。これはこれで強い。

ネイティオ

1進化・HP80のネイティオ。注目は下ワザ「ライフダウン」。超無でコイントス1回、オモテなら相手のバトルポケモンのHPが10になるようにダメカンをのせます。

HPが200だろうが300だろうが、等しく「残り10」にできる、強烈なワザ。どく状態と組み合わせたり、ダメカンをスワップするワザと組み合わせたり。ビクティニ「しょうりのほし」もお忘れなく。

闘タイプ

ドリュウズ

またまた登場の1進化・HP140のドリュウズ。今回はキラカード枠。上ワザ「どたんばタックル」は闘エネ一つで基本30ダメージ。自分の山札の残り枚数が3枚以下なら、150ダメージを追加。

下ワザ「ドリルバズーカ」は、闘エネ一つで120ダメージ、さらに自分の山札を上から4枚トラッシュ。自分の山札を掘り進みながら打点を上げていくすごいヤツだ!(そうなのか?)

ガマゲロゲ

少なくともBW以降で、闘タイプとして登場したのは初めてなんじゃないでしょうか。2進化・HP160のガマゲロゲ。特性「じならし」は、マグカルゴの同名特性と同様の効果。山札の好きなカード1枚を山札の上に持ってくることができます。

ワザ「わななくこぶし」は闘無無無で基本80ダメージに、自分のベンチのダメカンがのっているポケモンの数かける30ダメージを追加。ということで、マックス230ダメージが出ます。

自陣へのダメカンのバラマキは、進化前のガマガル(闘タイプ)のワザ「ミニじしん」で。闘エネ一つ、60ダメージ、自分のベンチポケモン全員にも10ダメージなんですが、実はガマガルの方が強いんじゃないか…?

鋼タイプ

ハガネール

1進化・HP170のヘビー級ポケモン・ハガネール。上ワザ「どっすんフォール」は無無で、手札から逃げエネ4個のポケモンを好きなだけトラッシュし、その数×50ダメージ。サポート「かいじゅうマニア」とのコンボで。

下ワザ「アイアンテール」は鋼無無無で、ウラが出るまでコインを投げ、オモテの数×100ダメージの青天井ワザ。一発逆転も夢でない?

フェアリータイプ

ピッピ

HP50のたねポケモン・ピッピ。無無無で使えるワザ「にんぎょうへんげ」は60ダメージ。ワザのあと、このポケモンとついているすべてのカードを手札に戻し、さらにのぞむなら、自分の手札にある「リーリエのピッピ人形」を直接バトル場に出します。

…めんどくさいな(笑)。

無色タイプ

ムーランド

2進化・HP150でキラカードのムーランド。特性「ガウガウパーク」は、手札からの進化時と、バトル場でダメージによってきぜつする時の、計2回使えるという特殊なもの。相手バトルポケモンについているエネルギーを1個、トラッシュします。

ワザ「かけぬける」は無無無で110ダメージ、相手ベンチ一体にも30ダメージ。特性をうまく利用すれば、意外と活躍できそうな気がします(でもあんまり流行らないんだろうな…)。

まとめ

以上、ポケモンカード強化拡張パック「ドリームリーグ」から、ノーマルポケモンのご紹介でした。

非GXで突出して目立つのは、やはりエルレイドですね。エンペルトやライチュウも気になるところ。特にライチュウは、既存のカードと組み合わせておもしろいデッキが作れそうです。

ところで気になるのは、レアコイルの進化系であるジバコイルや、ピッピから進化するピクシーが収録されなかったこと。拡張パック・強化拡張パックでは例を見ないケースです。ここに何か意図はあるのか…?気になります。(→ひょっとしたらキャラクターレアで収録されたり…とか?)

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました