ポケモンカード拡張パック「オルタージェネシス」のポケモンGXをチェック

この記事は約7分で読めます。

ポケモンカードの拡張パック「オルタージェネシス」に収録のカードから、ポケモンGXをチェックします。

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 拡張パック「 オルタージェネシス」 BOX

「オルタージェネシス」!サン&ムーンのパック名でも屈指の難しさ・覚えにくさですね(笑)。

スポンサーリンク

アルセウス&ディアルガ&パルキアGX

「アルセウス&ディアルガ&パルキアGXをベンチに出します」って、なげーよ!絵面が凶悪な3体が一枚になっちゃった「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」。


  • たね
  • ドラゴンタイプ
  • HP280
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

アルティメットレイ(150ダメージ):
エネルギー:水鋼無
自分の山札にある基本エネルギーを3枚まで、自分のポケモンに付きなようにつける。そして山札を切る。

オルタージェネシスGX
エネルギー:鋼+
この対戦が終わるまで、自分のポケモン全員が使うワザの、相手のバトルポケモンへのダメージはすべて「+30」される。追加で水エネルギーが1個ついているなら、そのワザのダメージで相手のバトルポケモンをきぜつさせた場合、サイドを1枚多くとる。


ワザ「アルティメットレイ」は水鋼無というやや付きにくいエネ要求、かつ150ダメージの中打点。しかし山札から基本エネ3枚を自分のポケモンに、しかも好きなように付けられる、という強力なエネ加速性能。

そして問題の「オルタージェネシスGX」。鋼エネ1個で、以降ゲーム内で自分のポケモンが使うワザのダメージが、すべてプラス30!アルティメットレイも常時180ダメージになり、カプ・テテフGXもハチマキ無しでワンパンです。

さらに水エネが1個ついていれば、ワザダメージによるきぜつ時に、サイドを1枚多く取れる!という…。しかも「アルセウス&ディアルガ&パルキアGX」以外のポケモンにも同様の効果が働きます。

これ、バランス的に大丈夫?特に深刻なのが、非GXポケモン中心のデッキ。3体きぜつさせられたらゲーム終わっちゃいますからね…。カウンター的なカードが登場するんでしょうか。

アーゴヨン&アクジキングGX

凶悪なウルトラビーストが手を組んだ!「アーゴヨン&アクジキングGX」。上の「アルセウス~」と同じくドラゴンタイプ。同一拡張パックに2種のドラゴンタイプTAGTEAMが入っているとは。


  • たね
  • ドラゴンタイプ
  • HP280
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:フェアリー
  • 抵抗力:無し

特性:ぼうしょく:
自分の番に1回使える。自分の手札にあるポケモンを1枚トラッシュする。その後、このポケモンのHPを「60」回復する。

ジェットピアス(180ダメージ):
エネルギー:超悪無

カオスオーダーGX
エネルギー:無+
自分のサイドをすべてオモテにする(対戦が終わるまで、そのサイドはオモテのまま)。追加で超エネルギーと悪エネルギーが1個ずつついているなら、自分のサイドを2枚とる。


手札からポケモン1枚トラッシュでHP60回復の特性「ぼうしょく」。ただでさえHPの高いアーゴヨン&アクジキングGXを、より長く場に留まらせることができます。

ワザ「ジェットピアス」はエネ色が2色ですが、ウルトラビーストでありタッグチームGXであるこのカード。エネ加速方法はいくらでも。一度エネがつけば、無条件で180ダメージ連打は強力。

そして恐怖のGXワザ「カオスオーダーGX」。エネルギーが超悪無とついていれば、なんと問答無用でサイド2枚をゲット。サイドに関係したワザがウルトラビーストの持ち味とは言え、大丈夫かこの効果…?サイドレースを一歩抜け出す大きな力を発揮するでしょう。

メガミミロップ&プリンGX

無色タイプの「メガミミロップ&プリンGX」。メガヤミラミに続き、メガミミロップがメガ進化勢からタッグチームGX化。


  • たね
  • 無色タイプ
  • HP240
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:闘
  • 抵抗力:無し

ジャンピングバルーン(60ダメージ+):
エネルギー:無無無
相手の場の「ポケモンGX・EX」の数×60ダメージを追加。

パフスマッシャーGX
エネルギー:無+
相手のバトルポケモンをねむりにする。追加でエネルギーが4個ついているなら、相手のベンチポケモン1匹に、200ダメージ。


エネ3つで使えるワザ「ジャンピングバルーン」は、基本60ダメージに相手の場のポケモンGX・EXの数×60ダメージを追加。というわけでマックス420ダメージの大火力!

…って、メガミミロップ&プリンGXが出た時点で、相手がGXを並べるわけがないw。非GXデッキ相手に60ダメージしか出ないのもツライ。

GXワザ「パフスマッシャーGX」はエネ一つで使えますが、効果が「ねむり」のみ。せめてマヒにして欲しいよなぁ。追加でエネ4つがついていれば、ベンチ1匹に200ダメージですが、エネ5つでタッグチームGXの倒せないベンチ狙撃を撃つ余裕があるか。

てな感じで、正直ちょっとハズレな性能。どうしても使うとしたら、トラッシュに落としてミュウミュウでワザをコピるか…。

ウルガモスGX

久しぶりに見たね、のウルガモス。遂に「ウルガモスGX」としてGX化。公式で特設ページを作ってもらえない不憫なやつ。


  • 1進化
  • 炎タイプ
  • HP210
  • 逃げエネ:3
  • 弱点:水
  • 抵抗力:無し

特性:れっかだん:
自分の番に1回つかえる。自分の手札にある炎えねるぎーを1枚トラッシュする。その後、相手のポケモン1匹に、ダメカンを2個のせる。

バックファイヤー(160ダメージ):
エネルギー:炎炎無
このポケモンについている炎エネルギーを、2個手札にもどす。

だいねっぱGX
エネルギー:炎エネルギー1つ
相手の場のポケモン全員についているエネルギーを、1個ずつトラッシュする。


ジュナイパーGXのフェザーアローに似た効果を持つ特性「れっかだん」。炎エネを一枚トラッシュする必要がありますが、自由にダメカン2個を置けるのは後半じわじわ来ます。

ワザ「バックファイヤー」は160ダメージ後、炎エネ2枚を手札に戻す、という効果。エネが3つしか付いていないとバックファイヤー連打はできませんが、れっかだんに繋げられるのは状況によっては便利。

GXワザ「だいねっぱGX」は相手ポケモン全員からエネを1枚ずつ剥がす妨害効果。エネ1つで撃てるのが強みです。ゲーム後半に使うと、意外と相手の動きが止まるかもしれませんね。

フライゴンGX

毎回ユニークな能力を持って登場するフライゴンも、「フライゴンGX」としてGX化。オルタージェネシスではドラゴンではなく、闘タイプです。


  • 2進化
  • 闘タイプ
  • HP240
  • 逃げエネ:2
  • 弱点:草
  • 抵抗力:無し

特性:さじんのまもり:
このポケモンがバトル場にいるかぎり、自分のポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-30」される。

デザートハリケーン(120ダメージ+):
エネルギー:闘闘闘
場にスタジアムが出ているなら、120ダメージ追加。その後、そのスタジアムをトラッシュする。

ソニックエッジGX(220ダメージ)
エネルギー:闘闘闘
このワザのダメージは、相手のバトルポケモンにかかっている効果を計算しない。


特性「さじんのまもり」は、間違いなく役に立つもの。フライゴンのHPを素の状態で実質HP270にし、かつベンチへのバラマキを防ぎます。カプ・コケコ涙目。

ワザ「デザートハリケーン」は基本120ダメージ、条件次第で240ダメージ。連打をするのは難しそうですが、闘タイプは攻撃力アップの手段が豊富なので、うまく使えばタッグチームGXもワンパンできそう。

GXワザ「ソニックエッジGX」は220ダメージの貫通ワザで、これまた大火力。しかし闘タイプの宿命とはいえ、エネはやっぱり重たいよなぁ…。工夫してフライゴンGXを活躍させたいものです。

オドリドリGX

SM初期に大量発生したオドリドリが、「オドリドリGX」としてGX化。超タイプでの登場です。


  • たね
  • 超タイプ
  • HP170
  • 逃げエネ:1
  • 弱点:悪
  • 抵抗力:闘

特性:たむけのまい:
前の相手の番に、自分のポケモンがきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札を3枚引く。この番、すでに別の「たむけのまい」を使っていたなら、この特性は使えない。

するどいはね(80ダメージ):
エネルギー:超無無

ひるがえすGX(100ダメージ)
エネルギー:超無無
このポケモンをベンチポケモンと入れ替える。


特性「たむけのまい」が超つかえるヤツ。前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていれば、自分の山札を3枚ドローできます。

とは言え、それワザはフツー。基本的には「たむけのまい」を使いたい人用、でしょうか。オドリドリが大集合したオドリドリ&オドリドリ&オドリドリ&オドリドリGXが良かったな…。

まとめ

以上、ポケモンカード拡張パック「オルタージェネシス」から、ポケモンGXのご紹介でした。

まとめると今回は、TAG TEAM GXはドラゴンタイプ×2・無色タイプ×1、通常GXは炎・闘・超から1枚ずつ、といった収録内容。特にドラゴンタイプの2種は超強力。ハマれば一瞬で場を支配してしまうでしょう。

次点で注目したいのは、ウルガモスGX。特性でダメカンをのせながらバックファイヤーで160ダメージ。だいねっぱGXで妨害効果も期待できます。が、それ以外のGXがちょっと物足らない?感じ。BOX購入するユーザーも悩ましいのでは。

※ポケモンカードは2018年9月1日より、スタンダードレギュレーションの範囲が、「サン&ムーンシリーズ以降のみ」に変更となります。商品をご購入の際はご注意ください。
ポケモンカード
スポンサーリンク
コータ_をフォローする
スポンサーリンク
マンガ盛

コメント

タイトルとURLをコピーしました