ポケモンカード拡張パック「禁断の光」(SM6)感想

この記事は約4分で読めます。

ポケモンカード新拡張パック「禁断の光」(SM6)の全カードリストが公開されたので、それを踏まえて感想など。

スポンサーリンク

拡張パック「禁断の光」概要

ポケモンカードの拡張パック「禁断の光」。エキスパンションは「SM6」で、毎月1弾、新拡張パックまたは強化拡張パックが発売されることになってから、初めての拡張パックです。

1パックの収録枚数は5枚で、収録カードの種類は94種類。通常のパックの収録種が50前後なので、いかに種類が多いか、というのがおわかりいただけるかと思います。

それでは以下、収録カードについての感想です。

GXポケモン・プリズムスター

「禁断の光」に収録のポケモンGX・PS(プリズムスター)は下記の通り。

  • ウルトラネクロズマGX
  • ジガルデGX
  • イベルタルGX
  • ゼルネアスGX
  • ゲッコウガGX
  • ボルケニオンPS
  • ディアンシーPS
  • フラダリPS

1つの拡張パックに、プリズムスターを含むRR以上が8枚。これはちょっと多いですね…。

最近の傾向として1BOXに一枚、SR以上が含まれているのですが、トレーナーズやエネルギーのレアカードも含まれます。ネットの開封報告では1BOXにSR以上1枚を含む5枚、といった報告が多いようなのですが、それにしても開封パックを剥いてのコンプリートは困難と言えるでしょう。

ウルトラネクロズマGX大人気

ポケモンGXの中でも、今回はドラゴンタイプのウルトラネクロズマGXが大人気。ハイパーボールより強力なミステリートレジャー、超タイプのドータクンとも言えるカラマネロなどとの組み合わせで、超強力なデッキが組めそうです。

ただミステリートレジャー、カラマネロは他のタイプのデッキにも使えるので、汎用性があっていいですね。様々なデッキでの活躍が予想されます。

ちなみに個人的にはイベルタルGXがおもしろいと感じています。

専用カードの増加

XYの後期でも良くみられたのですが、特定のポケモンやタイプに特化したカードが増えてたように感じます。具体的にはジガルデGX専用のサポート「ユリーカ」、フェアリータイプ専用のサポート「カルネ」、炎タイプ専用の「フラダリPS」など。化石関連もある意味、専用のカードと言えます。

これらはおもしろい特徴を持ってはいるのですが、汎用性が低いのが難点。個人的にはあまり増やして欲しくないタイプのカードなのですが、その辺はバランスの良い収録が求められます。

2進化のたね2種類問題

二つ前の拡張パック「ウルトラサン」「ウルトラムーン」からすっかり定着した、2進化タイプのたねポケモンの2種類収録。今回もフォッコやケロマツなど、6つのポケモンのたねポケモンが2種類ずつ収録されています。

今回は94種類のカードが収録されており、特に水増しをする必要も無いと思うのですが、この体制、いつまで続くんでしょうね?ぶっちゃけ、ストレージ漁るのが面倒なのでやめて欲しいんですが(笑)。

後攻ワザ・特性の増加

これも少し前から増加傾向にあるのですが、後攻の最初のターンにのみ使えるワザや特性が増えましたね。ジャンケンに買っても後攻を選択するプレイヤーが増えたようにも感じます。

先攻有利と言われていた環境に一石を投じる変化。戦略に幅が広がっておもしろいので、これもバランスの良い展開をのぞみたいところです。

ジャッジマン再録

お互いの手札を4枚にするサポート「ジャッジマン」が、新規イラストで再録されました。未だに「N」に匹敵するサポートがないSM環境において、相手の手札に干渉できる数少ないカード。妨害にもドローにも有用なので、再録は歓迎したいところです。

再録の意義

今回も以下のように、多数のカードが再録されています。

  • ハイパーボール
  • ふしぎなアメ
  • ポケモンいれかえ
  • ポケモンキャッチャー
  • こだわりハチマキ
  • ハウ
  • リーリエ
  • ダブル無色エネルギー

まあ、もういい加減おなかいっぱいだと思うのですがw。これらのカードが意味するのは、パックをその場で剥いて作った即興デッキでのバトルを普及させたい、ですよね。

再録スンナと言い続けるのも疲れましたし(笑)、そういう狙いがあるのは良いのですが、それならそれで、その遊び方をもう少し公式で全面的にプッシュすべきだと思います。再録だけしといてあとは放ったらかし、だったらやらない方がマシ。

「禁断の光」注目カード

拡張パック「禁断の光」で個人的に注目しているカードは、以下の通り。

  • フェローチェ
  • カラマネロ
  • イベルタルGX
  • トリミアン
  • ミステリートレジャー
  • ジャッジマン
  • フラダリラボ

その中でも「フェローチェ」には、特に注目。無色1エネでワザが打てて、逃げエネ0。カプ・コケコの替わりにデッキに一枚さしておきたいカードです。特にこれから流行りそうなゲッコウガデッキに刺さるんじゃないでしょうか。もちろんグッズは「ちからのハチマキ」で。

まとめ

以上、ポケモンカードの新拡張パック「禁断の光」の感想でした。不満点もありますが、全体的にはおもしろみのある拡張パックだと思います。久しぶりに何パックか買ってみたい、という気もします。

それにしてもミステリートレジャーは大人気のようですね。ウルトラネクロズマGXはもちろん、超タイプのデッキが増えそうな気がしますが、さて…。

コメント