【デッキレシピ】WソルガレオGX+エアームド(スタンダードレギュ)

この記事は約5分で読めます。

改良を重ねてまあまあ回るようになってきたので公開。WソルガレオGXと、スターターとしてエアームドを採用したデッキです。

「チャンピオンズリーグ2018 名古屋」ではマッシブーンGX+ルガルガンGXのデッキが軒並み上位を席巻しましたが、進化前のたねポケモンをつぶす進化系キラー・マッシブーンGXへの対抗を意識しています。

スポンサーリンク

デッキレシピ

WソルガレオGX+エアームドのデッキレシピは下記の通り。XY以降のスタンダードレギュレーションです。

ポケモン

  • エアームド(なかまをよぶ)✕3
  • コスモッグ✕4
  • コスモウム✕3
  • ソルガレオGX(ウルトラロード)✕2
  • ソルガレオGX(かがやくたてがみ)✕2
  • カプ・テテフGX✕1
  • ネクロズマたそがれのたてがみ✕1

サポート

  • プラターヌ博士✕3
  • リーリエ✕3
  • N✕2
  • シロナ✕1
  • グズマ✕1
  • フウロ✕1

グッズ

  • バトルサーチャー✕4
  • ハイパーボール✕4
  • ふしぎなアメ✕3
  • レスキュータンカ✕2
  • フィールドブロアー✕2
  • まんたんのくすり✕2
  • ちからのハチマキ✕2
  • ポケモンいれかえ✕1
  • かるいし✕1

スタジアム

なし

エネルギー

  • 基本鋼エネルギー✕8
  • ダブル無色エネルギー✕4

デッキ解説

とかく「ジェットパンチ」でやられがちな、進化前のたねポケモン。ビーストエネルギー・ディアンシーPSの登場で、その凶悪さが加速したマッシブーンGXに対抗すべく採用したのは…エアームド!以下、デッキ解説です。

ポケモン

デッキのメインアタッカーはもちろんソルガレオGX。「特性:かがやくたてがみ」と「特性:ウルトラロード」のソルガレオGX2種を、2枚ずつ採用。ソルガレオGXを立てることを最優先に動きます。

そのためにスターターとして選んだのは、ワザ「なかまをよぶ」を持つ拡張パック「エメラルドブレイク」の無色タイプ・エアームド。最近はやりのサポート「アズサ」を採用しなかったのは、カプ・テテフGXまたはアズサのサイド落ちでプランが崩壊するを防ぐため。またアズサを使ったあとに、結局サポもエネも引けない、というパターンがあったから。

「なかまをよぶ」でコスモッグ2体をベンチに出せるよう、エアームドは3枚投入。先攻・後攻は後攻選択を推奨。コスモッグ2体が並べば、後攻2ターン目に最低1体はソルガレオGXに進化する芽が残ります。

ちなみにエアームドはHP100で闘抵抗(コレ重要!)。ジェットパンチ+ビーストエネルギー+ディアンシーPS+ちからのハチマキでも生き残る計算。ダブル無色エネルギーを貼れば、下ワザ「ふきぬける」でマックス60ダメージまで出せます。

ソルガレオGXは、先に「かがやくたてがみ」が立てば「ターボストライク」でエネ加速、「ウルトラロード」が立てば「ソルバーストGX」でエネを一気に付けます。あとは2種のソルガレオGXをくるくる回して、相手のポケモンを倒していきましょう。HPも250あるので、めったなことではきぜつしません。

余力があれば、ネクロズマたそがれのたてがみに鋼エネを付けていきます。相手サイドが1枚になった状況でワザ「ラスティネイル」は200ダメージ出るので、逆転も可能に。

なおコスモウム3体とふしぎなアメ3枚はやや多めではあるのですが、グッズロックされた時のワンチャンを産み出すため、コスモウムを厚めに入れています。

サポート

アズサを採用しなかったのは先述の通り。そのアズサ以上に優秀な働きをするのがフウロです。2進化デッキを使うと

  • 手札にふしぎなアメはあるけど2進化ポケモンがない
  • 手札に2進化ポケモンがあるけどふしぎなアメがない

という状況が発生しがちなのですが、フウロを使うことによってハイパーボールまたはふしぎなアメを持ってくることが可能。スムーズにソルガレオGXに進化できます。

また初手リーリエは最強。手札にふしぎなアメなどキーカードがある時に、それを捨てずにドローが可能。次ターンの進化につながります。

なおデッキレシピではプラターヌ博士が3枚になっていますが、2枚でもいいかも。1枚抜いた分はリーリエ・N・シロナを増やす方向で。

グッズ

ハイパーボール・バトルサーチャーは安定の4投。ふしぎなアメも進化を促進させるために3投で。

スタジアムは結局このデッキには不要と判断し、その分スタジアムを割る方向でフィールドブロアーは2投。

こだわりハチマキでなくちからのハチマキを採用したのは、環境にHP250がほとんどいないので大体はメテオドライブで解決できるのと、ターボストライクに+20して子マッシブーンを倒すため。鋼抵抗のあるカプ・コケコもワンパンできます。ネクロズマたそがれのたてがみの「たそがれのだんがん」が90出なくなりますが、2連打してもマッシブーンGXのHP190には届かないので割り切って。

あと大きなポイントとしては、かるいしとポケモンいれかえを採用していること。「ウルトラロード」に頼っていると、オカルトマニアやダストオキシン発生時に、メテオドライブを打ったソルガレオGXを逃がせなくなります。なのでグズマ以外のエスケープ手段として。フウロで持ってこれるのも便利。

ちなみにダブル無色エネルギーを早めにきっちゃうと後が苦しくなるので、できればスペシャルチャージを採用したいところなのですが、何かを削って入れると幸せになれるかも…。

採用しなかったカード

アズサ以外で入れてみたけど結局抜いたカード、採用を見送ったカードなど。

まずはバリヤード。コスモウムをジェットパンチから守るために当初採用していましたが、相手デッキにウソッキーが入っていることが多いため、ベンチを圧迫すると判断し不採用に。

オカルトマニアは強力なカードなのですが、相手の動きを止めるカードなので、それよりは自陣の形成を優先したいと思い、これまた不採用。

アセロラも当初入れていたのですが、まんたんのくすりを入れていること、最悪、ソルガレオGXのプロミネンスGXで回復すれば良いかと思い、こちらも攻撃優先でデッキ投入を見送りました。

こうしん対策にオドリドリは…まあ超抵抗あるから何とかなるかな(笑)。レスキュータンカを1枚外してカリンを入れてもいいかも。

まとめ

以上、スタンダードレギュのWソルガレオGX+エアームドのデッキレシピでした。せっかく2進化GXが根付いてきたのに、凶悪に強化されたマッシブーンGXがそれをつぶしてしまうのが悔しくて(笑)作ってみました。

HP250のポケモンが数体立てば、マッシブーンGXと言えども一筋縄ではいかないはず。また最近ちらほらと復権を果たしてきたMサーナイトの弱点を突くこともできます。

反面、オーロットなどのグッズロックには弱いのですが、これはどのデッキでも一緒なので運に賭けましょう。ソルガレオGXは特性ウルトラロードでくるくるするのが楽しいので、最近使ってないな…という方はターボストライクと組み合わせて遊んでみてください。

コメント