マンガ

マンガ

【感想】「絶叫学級」1~3巻ー定番のスタイルながらじんわりくる怖さあり

集英社「りぼん」にて連載され2015年3月に完結、全20巻が発売されているホラーコミック「絶叫学級」。以前から気になっていた漫画の一つですが、電子書籍サイト各社で1~3巻が期間限定無料になっていたので読んでみました。 あらすじ ...
マンガ

【感想】「恋は雨上がりのように」2巻ーあきらと店長の関係に変化が…?

冴えないファミレス店長と、彼に恋する女子高生を描いた恋愛漫画、眉月じゅん「恋は雨上がりのように」待望の第二巻です。 あらすじ 自分の思いを近藤に告げたあきら。訝りながらも、あきらの真剣な態度にタジタジの近藤。そんな二人がひょんな...
マンガ

【感想】「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」24巻(特別編)ーファン感涙のサイドエピソード

安彦良和氏描く「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」。本編は23巻で完結していますが、この24巻はガイドブック収録の作品や終了後に書き下ろされた作品を一冊にまとめた特別編です。 あらすじ 宇宙世紀0083年。地球連邦軍を除隊...
スポンサーリンク
マンガ

【感想】「アイムホーム」-記憶を失くした男の帰る「家」

小学館「ビッグコミックオリジナル」にて1997年7月から1998年12月まで連載された、石坂啓「アイムホーム」を読みました。なお、元々は「I'm home(アイ'ム ホーム)」表記だったのですが、ドラマのタイトルが「アイムホーム」に...
マンガ

【感想】「恋は雨上がりのように」1巻-冴えない中年男に惚れた女子高生の恋の行方。

小学館「月刊!スピリッツ」連載、眉月じゅん「恋は雨上がりのように」の第一巻を読みました。 あらすじ 黒髪ロングのクールビューティー、女子高生「橘あきら」。足のケガで陸上部としての活動を断念した彼女は、現在ファミレス「ガーデン」で...
マンガ

【感想】「三人娘は笑うて暮らす」-ちょっと謎めいた三姉妹のかしましいおしゃべり。

IKKI COMIX、朝陽昇「三人娘は笑うて暮らす」。単巻完結のコメディー漫画です。 あらすじ 都内の裏通りにひっそりと佇まう小さなカフェバー、「カシマシ」。お世辞にも流行っているとはいえない小さな店に集う三姉妹。長女・花時丸(...
マンガ

【感想】「甘々と稲妻」2巻-食卓を囲むほわっとした瞬間がたまらない。

雨隠ギド「甘々と稲妻」第2巻の感想です。相も変わらず、先生、つむぎ、そして小鳥の擬似家族的食卓が丁寧に描かれます。 あらすじ 友人のしのぶに、先生・つむぎと料理を作っていることがばれてしまった小鳥。小鳥が料理の上達をするために頑...
マンガ

【感想】「その娘、武蔵」1巻-躍動感あふれる身長182cmに期待大。

田中相「その娘、武蔵」1巻の感想です。本エントリー更新時、講談社の「新・想像系コミック誌 ITAN」にて連載中です。田中相さんは「地上はポケットの中の庭」「千年万年りんごの子」を描かれた作家さん。この「その娘、武蔵」1巻の表紙、バレ...
マンガ

【感想】「わたしの人形は良い人形」-古典的名作ホラーマンガ。

山岸凉子「わたしの人形は良い人形」の感想です。本書の出版は1997年。表題作他、短編を4つ収録しているのですが、一番古いもので1971年の初出。もう「古典的」と言っていいホラーコミックです。タイトル、そして表紙の日本人形から和風ホラ...
マンガ

【感想】「フロイトシュテインの双子」-真っ黒なホラー、かと思いきや…

うぐいす祥子氏がヤングジャンプ増刊「アオハル」に連載していた表題作「フロイトシュテインの双子」3話他、書き下ろしを含む全8話の短編集(「フロイトシュテインの双子」第3話は書き下ろし)の感想です。表紙で方やぬいぐるみ、かたやしゃれこう...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました